Photo: Gizmodo US

古い仕様そのものだけど、現行の初代モデルから使えるようになるのが嬉しいね!

持ち歩けるのに、サウンドは本体のスピーカーを震わせまくってきたニンテンドーSwitch。有線イヤホン端子はあるけど、ゲームに熱中してくるとウザくなるよねアレ。だから電車や飛行機での移動中にニンテンドーSwitchで遊びたいと願う人向けに、今まではサードパーティによるBluetoothドングルが発売されてきました。

が!

本体のシステムバージョンを13.0.0にアップデートすると、ダイレクトにBluetoothイヤホン/ヘッドホンと接続できるようになりますよ!

対応プロファイルはA2DPのみ。コーデックはSBCのみ。つまり音声出力だけでマイクは使えません。また音声の遅延が多めで、接続するBluetoothイヤホン/ヘッドホンによってはリップシンクとは程遠いことになってしまいそうですが。

が!

それでも煩わしいケーブルがない状態で、周囲に迷惑をかけずにプレイできるようになるのはありがたいことです。

なお公式サイト上には、音飛びがおきたりノイズが入るときは、Wi-Fiのアクセスポイントを5GHz帯にしてくれと記されています。2.4GHz帯まで対応している無線LANルーターをお使いの方は、これを機に買い替えてもいいかもよ。

Source: ニンテンドー