Image: LAGAR CONCEPT

慣れれば10秒以下で交換完了!

フランスのLAGAR CONCEPT社が、自転車のタイヤ交換をネジ1本で済ませられるホイール「FASTEN」を考案しました。タイヤの付いた車輪を丸ごとスポっと抜けば良いだけなので、超簡単です。

これならタイヤ交換の面倒が一切ナシ

サイクリングが好きな人にとって、自転車がパンクした時のタイヤ交換は面倒ですよね。ハブの中心軸をレンチで緩めて抜いて、スプロケットに掛かったチェーンを外すといった作業があり、またその逆の作業で取り付けを行ういますから……。

ですが「FASTEN」なら、ギアやブレーキディスクはフレーム側にくっついたまま。それらの内側を換えるので、チェーンを外さなくて良いんです。

これなら前後の車輪が共通というのも大きな利点です。

難なく中心を合わせられるV字の凹凸

ホイールを留めるネジは手で回せるので、工具不要で油で汚れることもなくスマートです。ハブ(車輪の中心)にはV字型の切れ込みがあり、本体にある三角形のパーツと凸凹がカチっと合えば位置合わせが行なえます。

また軸となるネジは楔のようになっており、傾斜がシリンダーの中にあるパーツを押し上げて隙間を埋めるので、走行中にブレることがなく、ネジは抜け落ちないのでなくすこともありません。

Image: LAGAR CONCEPT

このシステムは、最近開催されたEurobikeという展示会で受賞したとのこと。生産や販売についての情報はまだありませんが、もう全部の自転車がこうなればイイのに! と思います。

Source: YouTube, LAGAR CONCEPT via NEW ATLAS