Photo: 小暮ひさのり

あれこれ悩まずこれでOK!

と、ストレートに推せるのが、本日発売された「Fire TV Stick 4K Max」。

新登場 Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

6,980円

Fire TVっていくつか種類があって、フルHDまでの「Fire TV Stick」、4K対応の「Fire TV Stick 4K」、4K対応でスピーカーも内蔵した「Fire TV Cube」から選べます。して、「Fire TV Stick 4K Max」は?というと「Fire TV Stick 4K」のリニューアルモデルです。

Photo: 小暮ひさのり

付属品は本体、HDMI延長ケーブル、リモコン、USBケーブル、電源アダプター、電池、マニュアル。直刺しできない人のためにHDMIの延長ケーブルが同梱されているのは優しさですねー。

電源ケーブルはUSB-Aーmicro USBとレガシーさを感じますけど、ぶっちゃけ抜き差ししないのでmicroUSBで十分ですねー。

接続はもうHDMI端子にぶっ刺すだけなので、省略。初回起動時にはアップデートがありましたが、Amazonアカウントと連携することで、すぐに利用できるようになります。

CPU・ネットワーク強化で4K映像もスムーズに再生できます

Photo: 小暮ひさのり

今回のアップデートでは、CPU性能が向上したりWi-Fi 6へ対応するなど、全体的なスペックアップが図られています。

コンテンツの再生をはじめてしばらく経つと4K UHD画質へと切り替わるんですが、Wi-Fi 6対応していることもあって高解像度な4K映像も、安定して再生できていましたね。最近は4Kテレビが主流になり、配信コンテンツも4Kが主流になってきているので、ネットワーク速度と処理速度が速いってのは大事ですねー。

全体的な操作レスポンスは、前モデル(Fire TV Stick 4K)と大きな差は感じられませんでしたけど、今後UIもリッチに進化していくとしたら、スペックが高いほうが有利ですしね!

アプリボタンが付いたリモコンがすごくいい!

Photo: 小暮ひさのり

操作レスポンスという面では、リモコンの恩恵がデカイと感じました。

単体で買うと2,980円する、最新のアプリボタン付きリモコンが付属するのですが、このアプリボタン、本当に便利でした。

理屈的には単なるアプリ起動のショートカットなんですけど、ホーム画面でアプリを起動する手間を省ける。というだけじゃありません。アプリの切り替えもワンボタンで「Netflix」→「Primeビデオ」やその逆も一瞬で切り替わります。そう、わざわざアプリを終了したり、ホーム画面を経由しなくてもいいんです。

サービスの切り替えって、ほんのちょっとのストレスなんですけど、積み重なるとめんどくせえ!ってなるんですよね。特にスマホやタブレットなど、ボタンひとつでサービス(アプリ)が切り替わる文化に馴染んでいると、なんで?とか思ってきちゃう。

このストレスを直感的な物理的なボタンで解決しているってのは、本当に素晴らしいなと! 「アプリボタン?いらねーよなー…」なんて思っていた過去の自分をダッシュでぶん殴りたい気分です…。

新登場 Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

6,980円

4Kまで対応していて、性能もネットワークも高速で、リモコンも便利。それでいて6,980円でポチれるってのは正直破格です。初めてのFire TVはもちろん、旧モデルからの乗り換えとして、現状ベストな選択肢。年末のAmazonセールで狙っている人も多いと思いますが、セールを待つより今買って早めに幸せになっておきましょう!

※この商品は、Amazonから提供を受けています。
※価格など表示内容は執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon