Image: TOYOTA NEWSROOM

5kgちょっとの水素のみ。

水素燃料で走るトヨタのFCEV(燃料電池自動車)「MIRAI(ミライ)」が、満タンから空っぽになるまで845マイル(約1,360km)の距離をゼロ・エミッションで走ったことが認められ、「無補給で最長距離を走った燃料電池EV」というタイトルにてギネス世界記録を樹立しました。

記録樹立は10月8日でしたが、挑戦は8月23日と24日にロスアンジェルスにて行なわれました。開始前の補給はたった5分間だけで、南カリフォルニア周辺を往復。またこの記録と同時に、Ward's Automotive誌が選ぶ「10 ベスト・エンジン&推進システム」にも入り、新たな一里塚が築かれることになりました。

2日に分けた海沿いのドライブ

乗車したのは運転手のWayne Gerdesと、副運転手のBob Wingerの2名。「ミライ」の給油口は審査員によって封がされ、ガーデナにあるトヨタ・テクニカル・センターを出発し、南下してサン・イーサイドロを通り、海沿いを北上してサンタモニカやマリブを473マイル(約761km)走りました。2日目はもっと街中での走行を重視し、高速道路で渋滞に巻き込まれたりしながらも372マイル(約598km)を走ったとのこと。

計測すると燃費は152MPGe(約64.6km/L)で、使用した水素は5.65kgのみ。排気ガスではなく水を排出するだけで、環境に優しくこれほどの距離を走ることができたのでした。ちなみに、もしこれがガソリン車だったなら、渋滞中の温度上昇など諸々の要因で、301kgほどのCO2を排出したであろう計算なのだとか。

立ち会った審査員も感無量

Image: TOYOTA NEWSROOM

審査員は、「過去10年間、自動車による長距離走行チャレンジに立ち会いましたが、今回はトヨタのチームが歴史を牽引する瞬間に立ち会えました」と話しています。

公式サイト曰く、現在市販されている「ミライ」は、グレードZなら満タンで約750km、グレードGでは約850km走れるとあります。にも関わらず、今回の挑戦は倍近い記録を叩き出したのですね。おめでとうございます!

Source: TOYOTA, WARDSAUTO via TOYOTA NEWSROOM via SLASH GEAR