Image: Notion

Notionがないと仕事の作業に支障が出る。

と、言い切ってもいいほどのNotion中毒者なのですが、そのNotionが日本語に対応したベータ版をリリースしました!

Notionとは

Notion(ノーション)は、ドキュメント、プロジェクト管理、簡易ホームページの公開などができるオールインワンのワークスペースです。

ワークスペースというと分かりづらいかもしれませんが、iPhoneのメモアプリの高機能版、ちょっと前だとEvernoteの高機能版と言えます。

データベース管理も楽々できるよう、簡易エクセル的な機能が搭載されていて、これがまた使いやすく、データベース同士の連携や簡単なスクリプトを書けるので、表計算のように使うことも可能です。

日本語化の方法

今回の日本語ベータ版の提供スタートによって、アプリの設定から日本語が選択できるようになりました。

image: Notion

Setting→Language & region→Languageで「日本語」を選択

image: Notion

Updateをぽちっと。

image: Notion

UpdateすればUIが日本語になりますよ。

image: Notion

Notionは「/(スラッシュ)」を打つとさまざまな機能を呼び出せるんですが、それも日本語化されています。便利!

今回のベータ版で日本語化される機能はこちら。

・Notion ホームページ ・Notion ブラウザ利用 ・Notion デスクトップアプリ ・Notion モバイルアプリ ・ヘルプページ・ガイド・テンプレート ・日本語によるカスタマーサポート デスクトップおよびモバイルアプリの日本語化は 今後数週間のうちに順次展開予定

「テキストが書けるアプリなんでしょ」って使い始めたら、独特な仕様の「ブロック」にちょっと戸惑ってしまうかもしれません。だけど、できることが多いのがNotionの魅力でもあります。

情報のカンバン表示、ガントチャートの作成、データのクラウド即時同期、通知機能......などなど、使い続けていたら慣れるのでドキュメントは全部Notionで管理してしまうのがおすすめです。

Source: Notion