Image: Google

真っ白でふわふわのホッキョクギツネを飼ってみたいという夢が半分くらい叶うかも。

Googleは、Google 検索のAR機能で表示できる動物にホッキョクギツネを含むスウェーデンの絶滅危惧種などを新たに追加しました。

追加されたのは「オオヤマネコ」「ホッキョクギツネ」「キツツキ(オオアカゲラ)」「ネズミイルカ」「マルハナバチ」の5種。

Google 検索で「ホッキョクギツネ」など動物名を検索し「3D 表示」をタップすると、ホッキョクギツネを360度ビューで見ることができます。Google アプリを使えば、家の中にARのホッキョクギツネをお招きすることができますよ。

Screenshot: mayumine あらやだ、かわいい

このプロジェクトは、スウェーデン自然保護協会(Naturskyddsföreningen)とのコラボレーションで実施されました。これらの動物はすべて、北極圏の急速な気候変動の影響を受けているスウェーデンのレッドリストに掲載されている絶滅危機種です。ホッキョクギツネは特に気温の上昇に弱く、生息地が北に追いやられ、獲物も変わることを余儀なくされています。

今回の絶滅危惧種の動物の追加は、Googleのさまざまなサステナビリティの取り組みのひとつとして実施されたもので、ほかにも最近ではCo2排出が少ないルートをGoogleマップ上で表示する機能を表示できるようになりました。