Image: Amazon

で、HDって何?(それをこの記事で解決します)

今や多種多様な音楽サブスクがあるわけですが、その中でも「Amazon Music Unlimited」を使っている方は要チェック。日本時間10月20日から、追加料金なしで「HD」および「Ultra HD」音楽、「空間オーディオ」を利用できるようになりました!

よりリアルな音を楽しめるように

「Amazon Music Unlimited」は、Amazonプライム会員なら月額780円(年額7800円)、プライム会員ではない人は月額980円で利用できる音楽サブスクリプションサービス。今まではいわゆる「標準音質」での提供で、配信のために圧縮されたオーディオファイルは元の音質から多少劣化していました。

Image: Amazon

でもこれからの「Amazon Music Unlimited」は、追加料金なしで「HD」もしくは「Ultra HD」の音質で音楽を楽しめちゃうというわけ。

「HD」は「HIGH DEFINITION」の略で、サブスクながらCD音質(ロスレス)が楽しめちゃう。「標準音質」と比較すると2倍のビットレートで、音楽を細部まで再現しているんです。こちらは7500万曲が対応。

で、さらにすごいのが「Ultra HD」。こちらはCD音質以上の音が楽しめるんです。「標準解析度」と比較すると10倍以上のビットレート。スタジオレコーディングそのままの音がサブスクで味わえるということなんです。こちらは700万曲以上が対応。今後も対応楽曲は増えていくと思われます。

空間オーディオにも対応

Image: Amazon

もうひとつ注目したいのが「空間オーディオ」への対応。こちらは文字通り3Dサウンドのことをさすのですが、今回は「Dolby Atmos」と「360 Reality Audio」が手持ちのヘッドフォン、スマートスピーカーで楽しめるようになりました。対応曲は数千とのことですが、ライブ音源やクラッシックなど、まるで会場にいるような臨場感が味わえるんだとか……。

私、個人的にもAmazon Music Unlimited利用者なのですが、結構違いますよ〜!特にUltra HDは音の一粒一粒がはっきりするかんじ。アマプラ会員780円なので、もう一つのサブスクとして契約もアリかもよ。私はEcho買い足しちゃおうかと目論見中です〜。

Source: Amazon