Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

あった方がいいのに。

最近のハイエンドスマートフォンではすっかりおなじみとなった、イヤホンジャックなし仕様。この風潮、もしかするとSamsung(サムスン)の次期廉価スマホこと「Galaxy A33(仮)」にも導入されるかもしれません。

サムスンの廉価スマホラインナップに相当する、Aシリーズ。フラッグシップのSシリーズでは2020年初頭の「Galaxy S20シリーズ」ですでにイヤホンジャックが排除されていますが、Aシリーズでは搭載が続いていたのです。有線イヤホンしか持っていない人にとって、イヤホンジャックの搭載は必須ですよね。

And to end up that leaky week, I have a last one for you… Here comes your very first look at the #Samsung #GalaxyA33 5G! (360° video + gorgeous 5K renders + dimensions)

Once again, on behalf of my Friends over @91mobiles -> https://t.co/sh1IzXNVom

Enjoy your weekend ya all pic.twitter.com/TtLou3iwhl

— Steve H.McFly (@OnLeaks) November 13, 2021

しかし、リークアカウントのOnleaksとリークサイトの91Mobilesが公開したGalaxy A33の予測レンダリングを見ると…なんと、そこにイヤホンジャックはなし! サムスン的には「(自社の)ワイヤレスイヤホンも一緒に買ってね」という狙いなのかもしれませんが、価格に敏感な廉価スマートフォンの購入層がこれを受け入れるかどうかは、若干不安でもあります。

ちなみに、Galaxy A33からSDカードスロットが排除されているかどうかは、今の所情報はなし。SシリーズではすでにイヤホンジャックとSDカードスロットの両方が取り除かれているのですが、それを参考にするとAシリーズからもいずれSDカードスロットも消える…のかもしれません。

今回のリークが伝えるGalaxy A33の他のスペック情報は、画面が6.4インチ/FHD+解像度で背面には画素数の向上したクアッドカメラを搭載。本体カラーはブラック/ホワイト/オレンジ/ライトブルーの4色で、5Gモデルのみが投入されるとのこと。

イヤホンジャックやSDカードスロットなどレガシーなポートがいずれ消えるのは、時代の流れ。しかしその代わりにワイヤレスイヤホンやクラウドサービスなどの出費が増えるのは、私達消費者にとって頭の痛い問題となりそうです。

Source: OnLeaks (Twitter), 91Mobiles Via: Gizmodo US