Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

セキュリティか、利便性か。

Pixel 6シリーズに搭載されているディスプレイ指紋認証機能が、どうも遅くて使いにくい…そんなあなたに朗報です。先日より配布が始まった最新アップデートによって、そのパフォーマンスが改善されたようですよ!

ところで、個人的にはディスプレイ指紋認証機能はちょい苦手。本体背面や電源ボタンに内蔵された指紋認証センサーに比べると、どうも認証がワンテンポ遅い印象なんですよね。もちろん、Qualcomm(クアルコム)などはその性能向上に取り組んでいるのですが…まだまだ、完成された機能とはいいがたい印象です。

そして残念ながら、販売されたてホヤホヤなPixel 6シリーズでも指紋認証が遅い、あるいは認証ミスが頻発するという報告が相次いでいました。これにたいしてGoogle(グーグル)は当初、「セキュリティを強化しているため」と説明。つまりバグではなく仕様だと説明していたのですが、結局今回のように修正アップデートを配布することになったのです。ブレブレ。

さて配信されたアップデートですが、たとえば海外テックサイトのThe Vergeの記者からは「スピードの違いはわからないが、ロック解除 を試す機会が減った」「右手の親指でも認証ミスがなくなった」「それほど早くはなっていない。Galaxy S20よりも遅い」という報告が伝えられています。フーム、ミスは減ったけどそれほど早くはないのか。

ちなみにPixel 6シリーズでは最新の超音波式ではなく、光学式のディスプレイ指紋認証センサーを採用しています。このあたりも、問題に関係しているのかな…?

今回のソフトウェアアップデートはSIMフリーモデルから順次展開が開始されており、日本を含むキャリアのロックモデルでは11月中に配信が始まります。100点満点というわけではないようですが、少なくても使い勝手が向上するのはいいことでしょう。

Source: Google via The Verge