Photo: Sam Rutherford - Gizmodo US

あとはもっと安くなってほしいかな〜。

折りたたみスマホ。盛り上がっているような、ただのキワモノ扱いになっているような? でも着実にSamsung(サムスン)のGalaxy Zシリーズは年々進化を続けており、その流れは来年も変わりませんよ。

このほど91mobiles.Comは、2022年後半に発売されるというGalaxy Z Fold 4(仮)ならびにGalaxy Z Flip 4(仮)のリークを伝えました。現行の「Galaxy Z Fold 3」と比較して、Galaxy Z Fold 4は、ディスプレイ下部に埋め込まれるタイプのフロントカメラが大幅に進化。閉じた状態のディスプレイにも、見開きタブレットサイズになったディスプレイにも、両方へ埋め込み型の新カメラが採用されるようです。なによりも画質の向上が最大の特徴ということで、いよいよノッチやパンチホールなどでフロントカメラを搭載せずとも、ディスプレイ内蔵型で遜色ないフロントカメラの時代がやってきそうですよね。なお、Galaxy Z Flip 4で、どこまでディスプレイ下部に埋め込むタイプが採用されるかは、まだ検討中とされています。

あと明らかになっているのは、折りたたみ構造の要というべきヒンジ部分の改良。防塵・防水性能が向上し、さらにタフさを増したモデルになるほか、この新デザインによって軽量化が実現するんだとか。Galaxy Zシリーズは、気になってはいても、とにかく販売価格が高いので、簡単には手が出せませんけど、こうして耐久性を重視した改善が図られるのは歓迎でしょうね。折りたたみスマホが主流となる時代、そろそろやってくるのでしょうか…?

Source: 91mobiles.Com