Image: OpenAI

書けちゃうんだ?!

AIがAIに関する学術論文を書いてしまいました。書けてしまいました。AIに論文執筆をさせたのは、スウェーデンのヨーテボリ大学の博士研究員、Almira Osmanovic Thunström氏。AIによる論文完成までの行程が、Scientific Americanにて公開されています。

Thunström氏が使用したのは、OpenAIの言語AI「GPT-3」。今年の初めにGPT-3に「GPT-3関する学術論文を500文字で書きなさい。参考文献、引用も含めること」というタスクを仕込みました。完成した論文はThunström氏も驚く出来栄えで、科学系雑誌に掲載されていてもおかしくないほどだったとか。そこで、Thunström氏は担当教授に相談し、500文字ではなくフルで論文を書かせるタスクを仕込むと、GPT-3はたったの2時間で完成させてしまったそう。素晴らしい出来栄えだったので、Thunström氏は実際に科学雑誌に論文掲載申請。どの雑誌なのかは明かされておらず、現時点ではまだ公開の判断はでていないようです。ちなみに、GPT-3には事前に論文掲載の許可はもらったそうです。

こうなると、研究は人間がやって、それをまとめて論文にするのはAIという未来が浮かんでしまいますね…。Thunström氏も「パンドラの箱をあけていないことを願うばかり」と書いており、AIの論文執筆力の高さに戦々恐々としているようです。AIは特許の発明者にはなれないという判決もありますが、論文執筆者にはなれるのでしょうか…。

Source: Giant Freakin Robot

胸熱展開。人間を凌駕する人工知能の実現はけっこう早いのかも 先日AlphaGoで知られるDeepMindが新たなAIシステムGatoを発表しました。 https://www.gizmodo.jp/2022/05/agi-its-all-about-scale-now.html