Photo: Haruki Matsumoto

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

突然の雨に降られて〜。

最近は急な天候の変化も多く、例えば通勤通学中の雨でバッグが濡れて困ってしまうこともありますよね? PCやタブレットなど多くの電子デバイスを持ち運んでいることも多いので浸水対策の優先度は高めておかねばなりません。

とはいえ傘だけではカバーできないことも多いので、今回は防塵防水に特化したバックパック「Life & Living Backpack」をご紹介します。

サンプルをお借りしてシャワーを浴びせたりもしたので、ぜひ使用感の参考にご覧ください。

期待を裏切らない強力防水

Photo: Haruki Matsumoto

あらためて「Life & Living Backpack」は防塵防水性能に優れているのが特長。国際規格でもあるIP57レベルの性能が保証されています。

具体的には、防塵性能は電子機器の動作に支障をきたす量の粉塵が侵入しないレベル5。防水性能は水深1メートルの所に30分間つけても電子機器に影響を及ぼさないレベル7なので多少の雨風では心配は不要ですね。

Photo: Haruki Matsumoto

ジッパーは通常タイプと止水タイプによる二重構造なので万全が期されています。

また素材のTPUをほとんどの部分で高周波溶接で仕上げているため、縫い目からの浸水対策も十分なようですよ。

Photo: Haruki Matsumoto

実際にシャワーで本体を濡らしてみた様子がこちら。

TPU素材なので水が染み込むようなことは一切なく、ガンガンと気持ちよく弾いていました。

Photo: Haruki Matsumoto

チェックしてみると止水ジッパーの手前までは少々水滴がありましたが、中身のタオルは一切濡れていませんでしたよ。

収納への工夫も

Photo: Haruki Matsumoto

バックパックの収納設計自体はシンプルなタイプですが、PCなどのガジェットを使いやすくする各種ケースも用意されていました。

Photo: Haruki Matsumoto

オレンジの差し色がユニークなラップトップケースは16インチにまで対応しており、

Photo: Haruki Matsumoto

前面にはメッシュポケットがついているので、筆者はBluetoothマウスやポケットWi-Fiを収納して運用していました。

オフィス内など最低限の持ち物で移動したい場合にも便利ですね。

Photo: Haruki Matsumoto

アクセサリーポーチはポケットが充実し、ケーブルや小物などの収納にぴったり。マチもやや広めな作りなのでアダプタやモバイルバッテリーも収納できますね。

Photo: Haruki Matsumoto

全体の収納量は大容量という感じではありませんが、通勤通学レベルであれば問題なく使えるサイズかと思います。

Photo: Haruki Matsumoto

すべて収納してみましたが、ハリがあるTPU素材なのでシルエットは一定に保たれていますね。

光沢感がしっかりありますが、デザインはシンプルでスタイリッシュなのでビジネスシーンでも十分に使えると思います。

浮き輪がわりにも使える?

Photo: Haruki Matsumoto

また「Life & Living Backpack」には、衝撃体制を上げるため空気注入ができる機能も備わっているようです。

Image: TOTAL TRADE JAPAN

バッグと共に海に入ることはなさそうですが、機密性の高さを活かして浮き輪がわりに使うこともできるそう。

Photo: Haruki Matsumoto

空気注入口のキャップは交換もできるので、アクセントに好みのカラーを入れてみてはいかがでしょうか?

IP57の防塵防水性能持つバックパック「Life & Living Backpack」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では、L8モデルが36%OFFの17,980円から、L12モデルが19,980円(それぞれ送料・税込)からオーダー可能でしたよ。

詳細は下記リンクから確認してみてください。

IP57防水 ガジェット好きの為の薄型バックパック/スタイリッシュさをキープ!

MEGA割36%OFF 17,980円〜

machi-yaでチェックする

Source: machi-ya