Photo: 山田洋路

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

この時期大活躍するアウトドアギアですが、シーズンオフになると単なるクローゼットの肥しに成り下がってしまいがち。自然と部屋にマッチしそうなアイテムがmachi-yaでプロジェクトを展開中です。

3つ折りテーブル「 Folding box + 3-fold table 」は、“アウトドア仕様のおしゃれ家具”とでも呼ぶべきプロダクト。コンパクトに折り畳めるのに高級感もしっかり備わったインテリアは、アウトドア・インドア問わず活躍してくれそうです。

今回、こちらのプロダクトを借りることができたので、実際に使ってみて気づいた魅力を伝えていきます。

室内常設テーブルとして使いたい!

Photo: 山田洋路

こちらが「Folding box + 3-fold table」です。これほどラグジュアリーなアウトドアテーブルはあまりお目にかかれません。

部屋に常設すれば目の保養を提供してくれますし、コンパクトに折り畳めるので、来客用に利用するのも良さそうです。

Photo: 山田洋路

天板の素材は櫟(くぬぎ)となっていて、上質な見た目と手触りが堪能できました。ハンドメイド品特有の温かみも感じられ、日常的に使いたくなる要素が満載です。

おしゃれなローテーブルをアウトドアで展開できるのは、楽しみでしかありません。

フットワーク軽くアウトドアアクティビティが楽しめる

Photo: 山田洋路

さっそく、「Folding box + 3-fold table」をアウトドアに持ち出してみました!

本来グランピングにも通用するデザインのローテーブルですが、今回は手軽なピクニックといったところです。

実際、「Folding box + 3-fold table」は天板とボックスそれぞれ薄くコンパクトにまとまるため、フットワーク軽くアウトドアアクティビティが楽しめます。

Photo: 山田洋路

テーブルを組み立てる手順もとてもシンプル。天板の脚を取り付ける作業以外は、パーツを展開・立体化するだけで、それぞれ1分未満で組み立てられました。

広々したテーブルでスローなひとときを満喫

Photo: 山田洋路

テーブルは、アウトドア向けのものとしてはかなり広めで悠々と使えます。ロータイプのチェアが高さピッタリ。気分良くアウトドアでのひとときが過ごせました。

Photo: 山田洋路

収納力が高いのも「Folding box + 3-fold table」の魅力。側面開きで中身にアクセスしやすいボックスは、持ち物が多いキャンプで有効活用できますね。ボックスのみ単体で利用する手もありです。

縦型天板やシェルフのタイプも

Photo: 山田洋路

この日は途中で雨がパラつきましたが、テーブル表面のコーティング加工により耐候性を実現する「Folding box + 3-fold table」なら心配なし。さっと拭き取るだけでメンテナンスが完了しました。

Image: LIFE GRACE

今回お借りした横型天板テーブル以外にも、縦型天板テーブルや3段シェルフが用意されていて、アウトドアライフを充実させてくれます。いずれも広く使えるのに、1人でも運べるほどコンパクトになります。

インドア・アウトドアで活躍する折り畳み式テーブル「Folding box + 3-fold table」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点では、縦型・横型天板テーブルが早割29%OFF、それぞれ26,900円(消費税・送料込み)から、シェルフが早割35%OFF、21,400円(消費税・送料込み)からオーダー可能となっています。ゆったりとキャンプを楽しみたい方や、場所を取らない室内テーブルをお求めの方はぜひこの機会に!

プロダクトについて、まだまだ紹介しきれなかった魅力がたくさんあります。詳細を以下のプロジェクトページでチェックしてください。

フォールディングボックスの新しいカタチ。テネシーキャンピングの3つ折テーブル 26,900 早割29%OFF machi-yaで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

>>フォールディングボックスの新しいカタチ。テネシーキャンピングの3つ折テーブル

Source: machi-ya