Image: lotusproject

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

できるだけ身軽に外出したい方、休日を手ぶらスタイルで過ごしたい方に一押しのスリングバッグが、machi-yaでプロジェクトを展開しています。

“Stylish & Minimum”をコンセプトに開発されたのが 「 SEKKEI S-sling 」です。執筆時点で447人の支援を集めている注目のバッグ。プロジェクトは終了間際ながらエントリーする支援者は日に日に増えています。

ユーザーの要望を盛り込んだ話題のスリングバッグの特長を紹介していきます!

ミドルエイジがかっこよく使える

Image: lotusproject

「SEKKEI S-sling」が目指すのは、30〜50代、ミドルエイジの男性がカジュアルに使うのに理想的なバッグ。タブレットやマイボトルをスタイリッシュに持ち歩き、ちょっとカフェに出かける際にも負担にならないプロダクトです。

平日はスーツにビジネスバッグのビジネスマンも、休日はパーカーに「SEKKEI S-sling」とのスタイルでリラックス。バッグのシャープな外観は、スマートかつエネルギッシュな印象を与え、所有者を実年齢よりも若々しく見せます。

コンパクトで薄いので持って行く負担ゼロ

Image: lotusproject

サイズはパソコンが入った前作よりも一回り小ぶりに。タブレットとキーボードを持ち歩くスタイルにジャストフィットします。

厚みは4cmと薄いのもあり、バッグを持って行く負担は最小限です。

Image: lotusproject

SEKKEIに特徴の1つ、バックルのスマートマグネット着脱方式は健在。カチッと心地よくハマって外すのときも片手でOKです。

フラップの開閉に関しては、ドイツ Fidlock社のボタンマグネットを新たに採用。斜めにスライドするユニークな開閉方式を取り入れ、フラットな見た目とセキュリティ向上を実現しています。

機能的な4つのコンパーメントを搭載

Image: lotusproject

コンパートメントは4つあり、フラップを開けるとメインコンパートメントが。ここには幅20cmまでのタブレットなどがスッポリ収まります。メインコンパートメントの手前にはファスナー付きのインナーコンパートメントを備え、ここにモバイルバッテリーを入れれば、ケーブルを通して手持ちのスマホに充電可能です。

Image: lotusproject

アクセスしやすいフロントコンパートメントには、消毒液やICカードなどすぐに取り出して使いたいものが。キーホルダーリールも備えているので、家の鍵も探さず取り出せます。

バッグの背面には、海外旅行時に重宝するセキュリティコンパートメントがあります。B6サイズまでのアイテムが入り、パスポートなどがセキュアに保管できる仕様です。

Image: lotusproject

さらに「SEKKEI S-sling」では、アフターコロナで必須となったマスク用のポケットも。マスクの予備を常備し、スムーズに取り出すことができます。

マイボトルはサイドポケットに収納。また、背面のベルトを利用することで折り畳み傘や三脚をホールドすることも可能です。

拡張すれば一眼レフも入る

Image: lotusproject

普段は厚み4cmと薄い「SEKKEI S-sling」ですが、拡張することで一眼レフも入る15cmに。モノをたくさん持ち運ぶ必要があるときにも実力を発揮してくれます。

また、生地には撥水加工がしっかりで、雨から中身を守ってくれます。カラーバリエーションは、ベーシックなブラック、夏でもクールに使えるグレーの2種類です。

オフ活動を制限しない「SEKKEI S-sling」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では、早割30%OFFの13,860円(消費税・送料込み)の支援コースが選択可能です。

キャンペーンは間もなく終了ですので早めのご検討を。エントリーは下記のプロジェクトページから!

拡張できるスリングバッグ SEKKEI S-sling 一眼レフカメラも収納可能 早割 30%OFF13,860 machi-yaで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

>>拡張できるスリングバッグ SEKKEI S-sling 一眼レフカメラも収納可能

Source: machi-ya