Photo: 山田洋路

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

職場以外で仕事する機会が増えた今、セカンドモニターのある生産性の高い作業環境をそのまま持ち歩けたらと考えることも多いでしょう。ポータブルなセカンドモニターはたくさんありますが、できるだけ広い画面で作業したいシーンにうってつけのアイテムがmachi-yaでプロジェクトを展開しています。

32:9ウルトラワイドスクリーンを搭載した 「Lukos」がそれ。4K高画質でリフレッシュレート60Hzと、セカンドモニターとして十分すぎるスペックです。

今回、「Lukos」とオプションのカーボンスタンドカバーを借りることができたので、実際使ってみて気づいた魅力を伝えしていきます。

カーボンスタンドカバーが高性能

Photo: 山田洋路

こちらが「Lukos」。オプションのカーボンスタンドカバーと一体化して、かっこいいです!

Photo: 山田洋路

カーボンスタンドカバーはその名の通りスタンドにもカバーにもなり、持ち運びの際は「Lukos」を保護しつつ、作業時は機能性を提供してくれる優れものです。

Photo: 山田洋路

このようにモニターの角度が自由に変えられるので、好みや作業スペースに応じた調整が可能となっています。

コンパクトで軽い!

Photo: 山田洋路

ケースも含めたサイズは128 × 356 × 20mmの14インチとなっていて、バッグにもスッポリ収まるコンパクトさ。カーボンファイバー製のケースが想像以上に軽いです。

Photo: 山田洋路

ワイドスクリーンで画面拡張すれば生産性アップ

Photo: 山田洋路

パソコン画面ををHDMIケーブルで拡張してみました。

スクリーンをめいっぱい使った画面は、コンパクトさを感じさせません。見やすいセカンドモニターとして、活躍してくれます。

Photo: 山田洋路

映像も申し分なくきれいで映画を見るのにもぴったりです。PlayStationやSwitchといったゲーム機をつないでも、迫力のある画を見せてくれるはず。

Photo: 山田洋路

2分割や4分割といったさまざまなモードが用意されています。横に画面が伸びるのに不都合を感じるときには、もちろん元の比率で表示することも可能です。

多才なポータブルウルトラワイドモニターがあれば、仕事の生産性も楽しみも大幅に拡張が期待できます。

32:9ウルトラワイドスクリーンを搭載した「Lukos」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点では超早割、一般販売予定価格64,800円の18%OFFの53,130円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況。簡易スタンドは基本セットに付いていますが、オプションのカーボンスタンドカバーがあると俄然ポータブルモニターの性能が発揮できそうです。

プロダクトについてのより詳しい説明が、以下のプロジェクトサイトよりご確認を!

【可能性無限大】32:9で4K高画質のポータブルウルトラワイドモニターLukos 53,130 超速割、一般販売予定価格の18%OFF machi-yaで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

>>【可能性無限大】32:9で4K高画質のポータブルウルトラワイドモニターLukos

Source: machi-ya