Image: Goldwin

海と山が織りなす絶景。世界中ここでしか出会えない、貴重な生きものたち。

そんな豊かな自然環境を保護するために作られた日本の国立公園は、全国に34カ所あります。

Screenshot: 山田ちとら 新設されたゴールドウインの「National Parks of Japan」ウェブサイトより

北の知床から南の西表まで、世界に誇る風光明媚な観光名所がずらり。これらの国立公園の持続可能な利用に向けて、ゴールドウインが新たな取り組みを発動しました。

7月21日(木)からスタートした「National Parks of Japan (ナショナル パークス オブ ジャパン)」は、日本の国立公園についてもっとよく知って、もっとよく訪れて、みんなで守っていこう!という試みで、数多くの海外のアウトドアスポーツブランドを国内展開するゴールドウインならではのアツい想いが込められています。

国立公園に特化したオンライン観光案内所

特設Webサイトでは、全国を北海道・東北/上越・関東/中部・関西/中国・九州・沖縄の6つエリアに分け、それぞれを丁寧に紹介していく予定だそうです。

その取り組みのひとつとして、「持続可能な観光」をテーマに各エリアの魅力を地元のガイドさんに紹介してもらうツアー企画が展開されており、どれも非常に魅力的な内容となっています。定員はそれぞれ10名ほどなので、予約はお早めに!

それ以外にも、「未知の世界に触れる旅」をテーマにしたアウトドアアクティビティ、伝統工芸品づくり、地域の環境ボランティア活動などが予定されているそう。豊かな自然環境のみならず、その環境に住む人々が育んできた伝統や文化にもスポットライトを当てているところが素晴らしいですね。

限定コラボ商品も

Image: Goldwin

さらに、National Parks of Japanの開設を記念して、「THE NORTH FACE」と「HELLY HANSEN」から限定商品の「National Park Collection」も発売されました。

「THE NORTH FACE」のユニセックスTシャツはホワイトとグレーの2色展開で、ライチョウをアイコンにしたデザイン。フロントには中部エリアの8つの国立公園が記載されています。素材にはリサイクルポリエステルが73%、オーガニックコットンが27%使われていて、環境への配慮もバッチリ。しかもサラッとした肌触りで、着心地バツグンなんですよね。お値段は税込6,050円、サイズ展開はS、M、L、XLです。

Image: Goldwin

「HELLY HANSEN」は国立公園のロゴをデザインしたTシャツ、キャップ、そしてトートバッグを展開。ブランドの発祥である北欧らしいカラーとデザインになっています。

これらの「National Park Collection」は一部直営店とゴールドウインWebストアで販売され、売り上げの一部は国立公園エリア保全管理などの目的に寄付されるそうです。

環境省のデータによると、国立公園の利用者数は90年代から減少の一途を辿っています。特に、コロナ禍の影響で2020年には大幅に減少しました。客足が遠のくと、公園の保全管理を生業としている人々の収入も減り、自然保護活動もままならない状態に…。

そんなタイミングで発足したこのNational Parks of Japanが、V字回復のきっかけになれば!なんて思います。今年の秋は、三密を避けてどこかの国立公園で自然を満喫するのも楽しそうですね。

リサイクル素材を使ったadidasのサンダルはクッション性抜群!レトロなデザインなのに機能性抜群 adidas(アディダス)が新作スニーカーサンダル「EQT93 SNDL」を発売します。こちらは「アディダス エナジー」の新ラインで、ベースとなっているのは90年代の傑作スニーカー「EQTシリーズ」です。 https://www.gizmodo.jp/2022/07/adidas-eqt93-sndl.html

Reference: National Parks of Japan, 環境省(1, 2)
Images: Goldwin