Image: Tamron

スナップと望遠が好きな人は、コレで完璧じゃん。

タムロンが、ネクスト超望遠を謳うズームレンズ「50-400mm F/4.5-6.3 Di III VC VXD (Model A067)」の開発をアナウンスしました。対応マウントはソニーEマウント向けで、2022年秋発売予定。わりともうすぐです。

50mmスタートの超望遠

この手の超望遠レンズは、「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」のように100mmスタートが定番でした。テレ端400mmはキープしつつ広角側を50mmまで広げてきたのが、ネクスト超望遠を謳う所以ですね。広角側の50mm差は、デカい。

重量は1,155g、長さは183.4mmで、100-400mmクラスレンズとしては小型軽量(どんな魔法を…?)。広角側の最短焦点距離は25cmで、0.5倍のハーフマクロとしても使えます。レンズ先端から被写体からの距離は7cmくらいになるので、ぶつけないようご注意を。レンズ径は67mm。

別売として三脚座も用意されるので、野鳥撮影やスポーツ撮影などにも対応可能。かつスナップ距離の50mmも使えるっていう、望遠ズームに対する「そこはできんやろ」をやってくれた感がありますねぇ。動物園に持っていけば動物のお顔も家族のスナップもイケちゃう。

気になる価格は未定。手ブレ補正ついてますし15万円前後ってとこか、あるいは昨今の情勢でもうちょいするか…。先行レビューの作例見ても画質は良さそうだし、Eマウントうらやましいなぁ…マジで…!

「世界初・開放F2スタートのFEマウント用ズームレンズ」は、焦点距離が35-150mmなのも最高だった いろいろすごいレンズでした。タムロンが「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)」を10月28日に発売します。フルサイズ対応Eマウント用としては初めての開放F2で始まるズームレンズです。大三元や一部の単焦点よりもボカせてしまう、ということ。焦点距離も35-150mmと独特ながら高倍率で、準広角から望遠までをカバー。希望小売価格は22万9,900円。この時点 https://www.gizmodo.jp/2021/10/tamron-fe-35-150mm-di-iii-vxd.html

Source: TAMRON, Peta Pixel