Image: Apple

あると思います。

まもなく発表されるiPhone 14シリーズですが、上位機種のProモデルには常時点灯ディスプレイが採用される説が濃厚です。

BloombergのMark Gurman(マーク・ガーマン)記者が自身のニュースレター「PowerOn」で伝えた予想によると、iPhone 14 ProとiPhone 14 Maxにはこれまでより大きなバッテリーが搭載されるとのことです。

バッテリー増量は常時点灯ディスプレイのため?

iPhone 14 Pro/ Pro Maxでバッテリーが増量されることに関しては、常時点灯ディスプレイのためとも考えられます。バッテリーの消費を少しでも抑えるために、Proモデルだけバッテリー増量、となっても不思議ではありません。

iOS 16の新しいロック画面は常時点灯に対応し、時計や天気、スケジュールなどの情報を一目で確認できることが予想されていますが、常時点灯モードがバッテリーにどれほどの影響を与えるかはまだわかりません。

Apple Watchは(SEを除く)Series 5以降のモデルで常時点灯機能が使えますが、Apple公式情報では初代から最新モデルまで、最大18時間のバッテリー持続時間をキープしています。

iPhone 14シリーズは全部で4つのモデルが登場すると噂されていますが、Proモデルとの区別化はどうやら大きそうです。

iPhone14のウワサ総まとめ:値上がりする? 発売日は? 衛星通信対応?【9月5日更新】 2022年秋に発売が噂されるアップルのiPhone14シリーズ。新型はガラっと変わるような噂を見かけるようになりました。そこで! これまでに出ているiPhone 14の最新情報をまとめていきます! https://www.gizmodo.jp/2021/12/iphone-14-matome.html?cx_click=pc_ranking

Source:MacRumors