Photo: 三浦一紀

シンプルイズベスト。

バックパックって便利ですよね。肩掛けのバッグに比べて両肩で背負うので疲れにくいですし、荷物も結構入るので、ノートPCやらタブレットやら、その他もろもろ持ち運ばなければならないシーンで大活躍。「アクティブに動き回りたいけれど収納力も犠牲にしたくない」という人にピッタリですよね。

できればビジネスシーンでもプライベートでも使えるデザインで、収納に便利なポケットがたくさんあるとなおよし。そんな理想のバックパックを追求したプロダクトが「ユーティリティバックパック」です。

こちら、machi-yaが開発し、現在CAMPFIREでクラファン中となっています。いったいどんなバックパックなのかを確かめるべく、使ってみました。

ポケット&収納スペースが多い!

メイン収納部の背中側にはノートPC、タブレットが入るスペースに加え、透明ポケットがある

反対側は小物スペース。ペンを直接差せるホルダーもある

最大の特徴は、なんといっても収納スペースの多さ。メイン部分には、ノートPC、タブレットなどが入るスペースのほか、小物用ポケットが多数あります。

また、前面部にも収納スペースがあります。ここにも3つのベロクロ付きポケットがあるので、財布やスマホなどのように、頻繁に出し入れするものはここに入れておくといいでしょう。

サイドにはペットボトルが入るポケットがあります。ジッパーで開くとスペースができるタイプで、網状になっています。折りたたみ傘を入れてもいいですね。

これだけのスペースがあれば、別途ガジェットポーチやバッグインバッグを用意する必要はないでしょう。

AirTagつけてみた

ちなみに、ショルダーストラップにはカラビナがあるので、ここに鍵や完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースなどをぶら下げられます。

自分がいつも持ち歩いている財布、名刺入れ、メモ帳、文房具、モバイルバッテリー、ケーブル類、メガネ、スマートフォン、ノートPC、タブレット、キーホルダーなどを実際に入れてみましたが、まだまだ余裕。小物類が多い人ほど、ポケットが多いバックパックが向いていると思いますよ。

シンプルなデザインはオン・オフ両方で活躍

次はデザイン。とても、とてもシンプル。遊びは一切ない、かなりストイックなデザインとなっています。機能美とでもいいましょうか。

その分、あらゆるシーンに溶け込むデザインとも言えます。シンプルなのでスーツ姿でも合いますし、カジュアルなファッションにもしっくり来ます。オンでもオフでも使えるバックパックは、ひとつあると何かと便利。仕事帰りにジムに行ったりするときにも最適です。

素材にはCORDURAポリエステルを採用。軽量かつ撥水性に優れているので、急に雨が降ってきても安心。耐久性にも優れているので、多少手荒に扱ってもすぐに壊れたりはしないでしょう。頼りになりますね。

現在クラファン中! 9月22日まで支援受付

こちら、現在CAMPFIREで支援受付中。

一般販売予定価格14,300円(税込)のところ、執筆時点では、7%OFFの13,300円(消費税・送料込み)から支援できます。受付は9月22日23時59分まで。シンプルで使えるバックパックをお探しの方は、チェックしてみて!

ユーティリティバックパック 13,300 シンプル&ポケット多めで、オンオフ問わず使える「ユーティリティバックパック」 machi-yaで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

※価格など表示内容は執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: 三浦一紀