Photo: junior

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

汚れ知らずな真っ白軽快スリッポンいかがですかー?

クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン中のスリッポン「Scooter Zero」は、高い撥水性によって泥汚れもかんたんに落とせる高性能な1足。

シンプルで合わせやすいのでご近所の買い物から街歩き、あるいは旅行の相棒と活躍シーンは多いのでは?

今回サンプルをお借りし、どのくらい汚れに強いかなどを試したので是非最後までご覧ください!

プレーンで使いやすそう

Photo: junior

スリッポン自体がそもそもシンプルスタイルな靴ですが、「Scooter Zero」もプレーンな仕上がりで飾り気はありません。

カラーはホワイトとブラックの2色展開。

Photo: junior

まずは室内でためし履き。

暑い時期にはクロップドパンツ&ショートソックスの組み合わせで肌を見せていくと涼しげでいいですね!

快適性を高めるインナーやソール

Photo: junior

靴を履いていて不快なポイントの上位にくるのが蒸れではないでしょうか?

「Scooter Zero」は快適な履き心地や通気性、吸水性を確保するためにウールと木材由来のテンセル繊維に加え和紙から生まれた繊維も組み合わせているそうです。

実際に肌で触れてみるとサラサラとして気持ちよく、上記の機能性には期待ができそうでしたよ。

Photo: junior

インソールも同じ仕様。見た目にも軽くて通気性が良さそうですね。

一方でクッション性能も犠牲にはなってはいません。さすがに高機能なスポーツ仕様な製品と比べると反発力や支える力は落ちますが、街歩き用スニーカーとしては十分かと思います。

Photo: junior

ソールはご覧の感じ。スリッポンとしては平均的な厚さかと思います。

衝撃吸収や耐久性を高める2つの仕様が組み合わされており、歩いてみるとほどよい弾力が心地よく、疲れにくそうな印象でしたよ。

泥汚れも気にせずOK

Photo: junior

「Scooter Zero」のアッパー部分はプライムファイバーレザーと呼ばれるサステナブル素材。

革工場で生まれる端材を繊維化しポリエステルと組み合わせ、環境にやさしい樹脂加工が施されて生まれています。

これらの工程により高い撥水性や防汚性が備わっているそうで、写真のように水をかけても染み込む様子はありませんでした。

Photo: junior

黒だと気になりにくい汚れも白だといかがでしょうか? 雨上がりの水たまりなんて通れたものじゃないですよね……。

Photo: junior

ということで、普通の白スニーカーなら絶望的な感じにしてみました。

しかしながらこのシューズは「Scooter Zero」。心配は無用です。

Photo: junior

なんということでしょう! 水をサッとかけるだけでほぼ元通りに!

Photo: junior

あとはタオル等で拭き上げればキレイが復活。ソールや細かい隙間には多少汚れが残りますが、その辺りは自宅でブラシや石鹸を使えば問題ないかと思います。

ここまで汚れを気にしなくてよければ、気軽にどこでも履いていけますね!

汚れを気にせず気軽に白を楽しめるアップサイクルレザースリッポン「Scooter Zero」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では販売予定価格から15%OFFの14,540円(送料・税込)からオーダー可能でした。

気になった方は以下のリンクから詳細を是非チェックしてみてください!

履き続けたくなる機能と快適さ!服装を選ばないシンプルデザインのレザースリッポン!

from TR割15%OFF 14,540円〜

machi-yaでチェックする

Source: machi-ya