Photo: 山田洋路

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

機能と容量がオーバースペックなバッグを普段使い用に選んでしまうと、“背負っているのがほぼ空気”ということに気づき、不甲斐なさを感じることがあります。

パソコンや書類など、“必要最低限のものが収まればそれで十分”と考えるなら、machi-yaでプロジェクトを展開する「ユーティリティバックパック」が最適なんじゃないでしょうか。

仕事道具が入るミニマムを狙った19L容量は、街歩きでも快適に使えます。デザインも機能もシンプルで、“特長がないのが特長”とも言えるバックパックをお借りできたので、使ってみてわかった魅力をご紹介していきます。

machi-yaが厳選した一押しアイテム

Photo: 山田洋路

なにを隠そうこのバックパック、クラウドファンディングサービスmachi-ya自身が提案するアイテムになります。

あまたあるバッグの中から、あえてシンプル・オブ・シンプルなこのプロダクトをセレクトしたのは、“取り回しの利くバックパック”が、いま求められているとの理由から。

誰が背負ってもどんなシーンでも活用できる合理性を備え、飽きがこないバックパックは、1つは備えておきたい基本アイテムでしょう。

何が入っているかが一目で把握できる合理的なポケット

Photo: 山田洋路

シンプルなのは、外見だけじゃありませんでした。主なコンパートメントはわずか2つ。メインコンパートメントにはこのように、パソコン(16インチのタイプまでが収納可能!)やタブレットなどが入るスリーブ、小物ポケットなどが整然と並んでいます。

浅底設計のポケットとクリアポケットは、どこに何が入っているかをいちいち記憶しておかなくてもいいのが合理的。片側のファスナーがめいっぱい開くようになっていて、収納物を見渡すのも取り出すのもスムーズです。

Photo: 山田洋路

一方、フロントコンパートメントには縦型のファスナーを採用。小ぶりなバッグで入り口を広く取るための工夫です。こちらにはシンプルに3つのポケットを搭載していて、スマホ、モバイルバッテリー、イヤホンといったMy3種の神器の玉座になり得ます。

フリースペースには、よく使いすぐに取り出したいアイテムを放り込んでおけば便利でしょう。

快適な普段使いに欠かせない機能も抜け目なく搭載

Photo: 山田洋路

人によっては外せない、ペットボトル用ポケットもステルスに搭載。使わないときにはファスナーを閉じておけば、元のミニマルなフォルムが保てるようになっています。

Photo: 山田洋路

背中や肩にフィットする面にはエアメッシュを搭載。生地には高強度で撥水性を備え、軽量な高性能素材CORDURAを採用するなど、押さえるところを押さえたスペックも見過ごせません。

軽くてコンパクトなバッグがフットワークを軽くする

Photo: 山田洋路

背負ってみると、軽いのに加えてコンパクトなのが印象的です。これなら小柄な方や女性にも抵抗なく受け入れられそう。

Photo: 山田洋路

仕事に行くにも遊びに行くにも、出かけるときはとにかくこのバックパックを背負えば正解。迷わず持ち出せて、生活をシンプルにしてくれるアイテムだと感じました。

このバックパックで目指した“究極の普通”が、普遍的な使いやすさにつながっているのは明らか。多機能を追い求めたバッグ好きも、行き着く先はこういったシンプル設計なプロダクトなのかもしれません。

どんなシーンにもマッチする「ユーティリティバックパック」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。

執筆時点ではmachi-ya特別価格、一般発売予定価格の7%OFFの13,300円(消費税・送料込み)からオーダー可能となっています。カラーは潔くブラック1色の展開。このバックパックについて、より詳しくチェックしたい方は、以下のWebページを参照してみてください。

どんなシーンにもマッチ、多機能でオンオフ兼用の「ユーティリティバックパック」 13,300 machi-ya特別価格、一般発売予定価格の7%OFF machi-yaで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

>>どんなシーンにもマッチ、多機能でオンオフ兼用の「ユーティリティバックパック」

Source: machi-ya