Photo: Haruki Matsumoto

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

ガジェット類の分解修理や清掃に役立つ精密ドライバー。利用頻度はそこまで高くないものの、ふとした瞬間に必要なことってないですか? 筆者の場合だとリモコンなどの電池交換やメガネの調整などに活用しています。

今回は、あると便利な電動ペン型精密ドライバーセット「PENDORA 48E 2.0」をご紹介します。

48種の必要十分なビットとドリルや研磨用のバフまで備わっており、1セットあれば軽工作などにも活用できそうな製品でしたよ。

ペン型で電動

Photo: Haruki Matsumoto

「PENDORA 48E 2.0」の本体がこちら。アルミ合金製で程よい重量感もあり、表面の凹凸加工で握り心地も悪くないですね。

Photo: Haruki Matsumoto

上下のボタンで順回転と逆回転を操作。作動時には先端のLEDライトも点灯するため、暗い場所でも助かります。

Photo: Haruki Matsumoto

ビット数は48本と潤沢。

プラスやマイナスといった定番ビットはもちろん、スマホなどに多い星形などの特殊形状まで揃っていましたよ。

機器整備やメンテナンスに

Photo: Haruki Matsumoto

小回りの効くサイズ感なので電子機器の分解などもラクですね。ペンのように扱え、さらに電動のおかげで軸が安定するのでネジ山を潰してしまうなどのトラブルも減らせそうです。

Photo: Haruki Matsumoto

眼鏡のツル調整などもお手の物。

Photo: Haruki Matsumoto

こちらは穴あけ用のドリルビットと研磨用のバフ。

Photo: Haruki Matsumoto

ドリルを使うシーンはあまり多くありませんが、1〜2mm程度のプラ系素材であれば貫通できました。プラモデルの改造などに活用できそうです。

あくまで精密ドライバーであり、ビットを回転させる力(トルク)も小さい点はご認識ください。

Photo: Haruki Matsumoto

バフはおまけ程度な印象。

アクセサリーなどを磨くのに使えますが、低トルクかつバフの目も優しいタイプなので劇的にピカピカになるタイプでないですね。

浅い汚れやくすみを取る、あるいはプラモデルのバリを優しく処理するといった用途かと思います。

おまけのミニツールが意外と便利かも

Photo: Haruki Matsumoto

ビットに磁性を付与することができるマグネタイザーも付属。

ネジの紛失を防止したり取り扱いがしやすくなるので、ドライバーを使う作業にあると便利なアイテムです。

Photo: Haruki Matsumoto

また磁石に反応しないビットの場合でも、精密ピンセットが付属しているので細かい部品でも扱いやすかったですよ。

Photo: Haruki Matsumoto

その他スマホフィルム剥がしに使えるミニバールやSIMピンなど痒いところに手が届くツール達が各種備わっていました。

豊富なビットやドリルも備わったペン型電動精密ドライバー「 PENDORA 48E 2.0 」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では一般販売価格から12%OFFの8,780円(税・送料込み)からオーダー可能となっていましたよ。

普段使うガジェットの整備やメンテナンスを見直したいという方は、ぜひ下のリンクから詳細をチェックしてみてください。

ドリル追加で更に進化!電動ドライバーセット【PENDORA 48E 2.0】

早割12%OFF 8,780円〜

machi-yaでチェックする

Source: machi-ya