Image: Apple

とてもスマート。

まもなく発売のiPhone 14 Pro/Pro Maxには常時点灯ディスプレイが搭載されていますが、バッテリーを少しでも節約するために、常時点灯機能が自動でオフになる仕掛けがいくつか用意されているようです。

常時点灯表示によるバッテリー消費を抑えるための連携機能

先日のApple(アップル)イベントに参加したYouTuberのFelixba氏の情報によると、iPhone 14 Proの常時点灯表示はApple Watchを身に付けた状態で、ユーザーが部屋を離れた場合、置かれたiPhone 14 Proの常時点灯表示は自動でオフになる、と伝えています。

iPhone 14 Proの常時点灯表示は、画面に触れることなく時間やウィジェット(天気やアクティビティなどの情報)を確認するのに大変便利。しかし、先ほどの情報に関してはApple Watchとの連携により実現する機能とのこと。また既に、iPhoneの画面側を机に置いたり、ポケットに入れた状態の時には、画面が暗くなることも判明しています。

Apple Watchはマスクを着けた状態でのFace ID解除で大いに活躍していますが、iPhoneやApple Watch、Macなどのデバイス同士の連携機能の強さはさすがAppleですね。

iPhone 14 Proは常時点灯表示に対応!#AppleEvent 常に最新情報を確認できるように。iPhone 14 Proはディスプレイ性能がさらにパワーアップしています。 HDRコンテンツ再生時の最大輝度は1600ニト、屋外では最大2000ニトの明るさを実現しています。 また、iPhone 14 Proのディスプレイは常時点灯表示に対応。iOS 16の新しいロック画面との組み合わせで、時計や天気、スケジュールなどの情報をいつでも確認できます。 最低1Hzの https://www.gizmodo.jp/2022/09/iphone14pro-always-on-display.html

Source:MacRumors