Image: Pocuter / Kickstarter

これだけ小さいのに遊べるのすごいです。

スマートフォンがどんどん大きくなれば、カバンやポケットの中の空間は少なくなります。 物理スペースには限りがある。だからかどうかは知りませんが、携帯ゲーム機はこんなに小さくなりました。レトロゲーム機「PocketStar」は、レゴのフィニフィグサイズのミニサイズです。

手のひらサイズよりも小さいぞ

モバイルゲーム機はいろいろあるものの、ここまで持ち運びしやすい(むしろ持っていることを忘れるレベル)ゲーム機は稀。小さいゲーム機といえば、Thumbyがありましたが、PocketStarはあれよりチョピっと大きくて、50mm×30mm×10mm。ジーンズのポケットの上のあの小さいポケットに入ります! かつてカウボーイがあのミニポケットに懐中時計を入れていたそうですが、現代人はミニゲーム。

Image: Pocuter / Kickstarter

PocketStarは、ゲームボーイとセガ・マスターシステムのエミュレーター。搭載されているのは0.95インチのOLEDスクリーン(94×64)。プロセッサーはESP32-C3で、ボディは小さいながらもスピーカーあり、振動モーターあり、加速度計も搭載されています。このサイズで十字キー付いてます。ゲーマーは器用なんですね。本体と一緒に 5つのゲームを付属予定。将来的にはアプリストアからゲームのダウンロードできる仕組みですが、ストア自体は現在開発中。対戦ゲームも可。

PocketStarはオープンソース型で、ライブラリやファームウェア、3Dモデルなどが公開されます。

PocketStarは現在Kickstarterでプロジェクト進行中で、資金集めはすでに目標金額を達成。Kickstarterでは1台49ユーロ(約7,000円)から、正規発売後は59ユーロを予定。発送は来年4月を予定しています。レトロゲーム好きはポチりたくなりますね。クラファンサービスであることを理解した上でどうぞ。開発しているのはPocuterで、過去にコインサイズのミニミニコンピュータを出しているので、小さいガジェット好きの人は知っているかも。

最高のレトロゲーム機「Analogue Pocket」は、テクノも演奏できる! 絶賛のレビューしか見かけないのぜ。昔のゲームボーイ&ゲームボーイアドバンスのカセットをそのまま使える、高画質で高ビルドなゲームクローン「Analogue Pocket」。2020年に予約が始まってから、長いあいだ焦らされ続けたファンもいたとか。 https://www.gizmodo.jp/2022/01/analogue-pocket-3.html