Image: Brick Technology / YouTube

まるでオルゴール。

レゴを駆使してさまざまなおもしろガジェットを作り上げているアイルランドのユーチューバー、Brick Technologyがレゴ製ドラムシーケンサーの動画をアップしています。この人、ふだんは乗り物系のガジェットを多く作っているんですが、楽器系もなかなか完成度高いんです。

ペグがピックアップを叩いてドラム音源を鳴らす

ドラムシーケンサーは、ペグを取り付けた巨大なローラーが回転する構造。ローラーが回るとペグが反応してピエゾピックアップを叩き、ピックアップに接続されたRoland(ローランド)のドラム音源を鳴らすという仕組みです。要はオルゴールみたいなもんですね。

その制作は意外に細やか。ピックアップの打点を微調整したり、ローラーの回転をスムーズにすべく試行錯誤したりと、セッティングはそれなりに難しいみたい。ペグの位置やローラーの回転スピードを変えればさまざまな音楽ジャンルに対応できるので、映像ではオーソドックスなエイトビートからスラッシュメタル風、ファンキーなリズムまでさまざまなパターンが披露されています。教育テレビっぽくて味わい深いですね。

打点をさらに細かく調子してベロシティやタイミングにこだわれば、人間さながらのプレイも期待できるかも。バンドとセッションしても面白そうですね。なかなか奥が深そうなので、レゴ好き楽器プレイヤーは他の楽器でも挑戦してみてはいかがでしょうか?

大人におすすめしたいレゴブロックの遊び方。「レゴマスター」になる方法とは? レゴって…いいですよね。最近、 レゴの「大人ブーム」が来ているようですが、その気持ちよくわかります。私も、1999 年に「スター・ウォーズ」シリーズが登場した時は、文字どおり童心にかえったものです。なんといっても、スター・ウォーズに出てくるアレやコレを自分の手で作れる喜び…。80年代に子どもだった我々世代のノスタルジーを直撃し、もうダブルドーパミン状態でした。それ以来、毎年新作が出ると2、3種類を手に取って思い出に浸るのが恒例行事になりました。 https://www.gizmodo.jp/2022/08/adult-lego-masters.html

Source: Brick Technology / YouTube