Image: Pimax

これはゲームチェンジャーになりえるゲーム機じゃない?

普段はSwitchのような携帯ゲーム機。VRゴーグル/コントローラと合体させるとVRヘッドセットに変身し、迫力UPな大きめモニターともドッキングする。さらに据え置きゲーム機としても使えるユニットもある。ゲームキッズが夢見る幕の内弁当的最強マシン、それが「Pimax Portal」です。

Image: Pimax

まずコレがレベル1。生まれたての状態。SoCはSnapdragon XR2で、専用OSとAndroid OSも実行できる様子。ディスプレイは5.5インチ 4K。パネルはQLEDも選択可能で、144Hzのリフレッシュレートにも対応しています。ガチさを感じます。

Image: Pimax

このPimax Portalから左右のコントローラを外してですね。

Image: Pimax

専用のゴーグル「Portal View」に差し込むことで、VRヘッドセットに変身します。コントローラもVR用コントローラに差し込んで使います。

Image: Pimax

スマホ差し込み型VRヘッドセットそのものじゃない。というツッコミはあるでしょう。でもPimax Portalの画面をレンズ越しに見るのではなく、Portal View側に組み込まれたディスプレイパネルを使うみたい。またレンズを交換することで標準的な視野角100度または60度だけどPPDが高く緻密な映像が見られる状態にセッティングできるとのこと。

さらなる広視野角なゴーグル「Pimax Horizon」、視線/表情トラッキング機能がつく「Portal Social Edition」もリリース予定。カスタマイズの幅、広すぎじゃないですか。

Image: Pimax

PCと接続してPC VRアプリを使う際は、HDMIケーブルを用いて無圧縮または、オプションの「Pimax Airlink」を用いてWiGiz(IEEE 802.11ad)による無遅延通信が可能です。

これまたオプションの「Mini Station」を使えば、ゲーミングPCがなくともストリーミングによるVRアプリが使えるようになるとか。

Image: Pimax

コントローラをゴーグルの隙間に入れてバンドで固定できるというのも、嬉しい仕様じゃないですか。

Pimax Portalやオプションは、まずKickstarterでの販売からスタートとなる様子。まだプロジェクトが公開されていないので詳細は不明ですが、本体のPimax Portalは299ドル(約4万3700円) 〜、専用ゴーグルの「Portal View」は449ドル(約6万5700円)となる模様です。

『ストレンジャー・シングス』がVRゲームに! 裏側の世界でヴェクナになれる Netflixの人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』が、VRゲーム『Stranger Things adventure in VR』に。来年冬リリース。 https://www.gizmodo.jp/2022/11/stranger-things-adventure-in-vr.html

Source: Kickstarter , YouTube