Image: RELORE

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

朝晩の冷えが身に染みる季節になりました。冬支度をするにあたって、暖かいダウンジャケットがクローゼットに並んでいると心強いです。タイミング良くmachi-yaに、800フィルパワー(FP)を誇る高品質ジャケットが登場しました。ただし、「THE GENIUS DOWN PARKA」を説明するのに、保温性が高いことだけで済ますわけにはいきません。

このダウンジャケットの前身は、販売実績4000万円を叩き出した超人気プロダクト。「THE GENIUS DOWN PARKA」に関しても、すでに前回のプロジェクトで1500万円以上の支援を集め、魅力が認知されつつある状況。人気の秘密は、防水性能やポケットを24個も搭載しているユーザー目線の機能性にあります。ダウンジャケットとしての品質も高いこの商品の魅力をまとめてご紹介していきます。

全身に24個のポケットを搭載

Image: RELORE

“ダウンジャケットに24個のポケット”と聞いて、どこにそんなスペースがあるのかと疑問を抱くのが健全な反応でしょう。ポケットの内訳は以下のとおり。内ポケットの数の多さが特に目立つ以外に、袖口にポケットが付いている点にも意外性を感じるかもしれません。

サイズがそれぞれ異なるポケットに、財布やレシート、スマホ、文庫本…といった別々のアイテムを整理整頓して収めておけます。さながら収納棚を着て移動しているようで、ともすればキャンプや釣り、登山といった所持品の多いレジャーに、バッグなしで参加すらできそうです。

内ポケットにはノートパソコンも入る!

Image: RELORE

特筆すべきは最も大容量の内ポケット。なんとノートパソコンも収まるこちらのポケットは、3本ステッチを施して強度を高めるなどの工夫が施されています。また、腰ポケットの中には、貴重品を入れる隠しポケットを搭載。使いやすさを追求し、細部にまでこだわりが感じられる設計です。

Image: RELORE

並みはずれた収納力が目立つ今回のプロダクトですが、ほかにも工夫が満載です。たとえば袖口に備わったリブは、手袋に近い形状でオリジナルに設計。毛ダマになりにくい独自開発素材が使われています。

Image: RELORE

暗所で光を反射して存在を知らせるリフレクターは、自転車を開錠する際に前かがみになっても機能するよう腰の位置に配置されています。必要ないときは腰ポケットに収めて隠れせるデザインで、ファッション性を損ねることはありません。

ポケット含め、計18本のファスナーを有していますが、うち雨が当たるリスクのある9箇所には、止水ファスナーが採用されています。

保温性バツグンの800FP

Image: RELORE

こうした細部へのこだわりから、なんとパーツ数は100以上に(一般的なダウンジャケットのパーツ数は20〜30)。生産には困難を極めることから、当然いくつもの縫製工場から断りを受けたようです。最終的には、熟練の匠ぞろいの生産ラインを特設することで解決し、ついに「THE GENIUS DOWN PARKA」が世に出るに至りました。

Image: RELORE

こだわり設計を知って、すでにインパクトが薄れてしまったかもしれませんが、「THE GENIUS DOWN PARKA」には800FPとの優れた保温性に関連する特長も備えています。羽毛のかさ高性を示すFPは、その値が高いほどよく膨らんで高品質とみなされます。“550FP以上が上質”との基準からすると、「THE GENIUS DOWN PARKA」の800FPは十分すぎる値と言えるのではないでしょうか。

また、生地を4層構造にすることで、ダウンが羽抜けしにくい設計に。内部構造の工夫は、同時に高い保温性も提供してくれます。

耐水圧20000mmで嵐も防ぐ

Image: RELORE

さらには、雨傘をはるかに凌ぐ、耐水圧20000mmの防水生地を採用。嵐が直撃しても内側に水か浸み込まないほど防水性が高いです。また、ジャケット内がどれくらい蒸れるのかを示す基準となる透湿性は10,000g/㎡/24hもあり、こちらも登山に使われるような一般的なレインウェアの基準を十分満たしていると言えるのではないでしょうか。脇の下にはファスナーでオープンできる通気口も設けてあるので、暑くなったときに調整ができるのもありがたいですね。

Image: RELORE

カラーはブラック、ベージュ、ネイビーの3色展開。利用シーンや着用者の性別すら問わないユニバーサルなデザインも使いやすそうです。

24個のポケットを備えた「THE GENIUS DOWN PARKA」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点では超超早割、定価77,000円のところ66,000円(消費税・送料込み)からオーダー可能となっています。定価の時点で原価率を60%以上に抑えた、まさに常識外れの価格設定に感謝。高品質ジャケットがお得に手に入るこの機会を逃す手はありません。

プロダクトについての魅力はまだまだあります。以下のWebページで「THE GENIUS DOWN PARKA」の全貌をチェックしてみてください。

『生産不可』の難題を乗り越え、最強の初代を超えた『究極の手ぶらダウン』爆誕! 66,000 定価より11,000円OFF machi-yaで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

>>『生産不可』の難題を乗り越え、最強の初代を超えた『究極の手ぶらダウン』爆誕!

Image: RELORE

Source: machi-ya