Image: Printables

なんなんですかこの王様のアイディアは。

コンテンツ開発用機材の威厳はどこにいった。ナデナデしたくなるくらいかわいいじゃないですかこのネコ耳Quest Pro。こんなカスタマイズを施したのは誰だあ!と探してみたら、アメリカのクリエイティブテクノロジストAlex Fielさんが手掛けた作品でした。

Image: Printables

Quest Proに付属する、側面ガードタイプの分割遮光ブロッカーが余っているのを見てひらめいたAlex Fielさん。分割遮光ブロッカーを耳としてデコるためのマウントを3Dプリンターでプリントしました。

Image: Printables Image: Printables

ちゃんとマグネットで固定できるようにして手抜かりなし。XR関連の最新情報リークで有名なアナリストBrad Lynchさんも「これならQuest Proを使い続けたい」とご満悦です。

This mod by Alex Fiel almost made me wanna keep my Quest Prohttps://t.co/a5pYOSgYcn pic.twitter.com/NqVWmfkxmb

— Brad Lynch (@SadlyItsBradley) November 15, 2022

ただ本人は「 Cat" ( Panda? ) ears mount」と、パンダにも見えるよねと言及しています。皆さんはどっちに見える? 猫? パンダ?

Quest 2で体験できるメタバースこと #VRChat 。今から始めるならここから楽しんでみよう いきなり知らない人に話しかけるのは難易度高い。だからこそ参加しやすい場からレッツゴー。「Wolfenstein 3D」や「Doom」を作り、Oculus社でCTOを務め、現在はMetaのエクゼクティブアドバイザーのジョン・カーマック御大はMeta Connect 2022のときにいいました。「Quest 2は本体を赤字で販売、有料アプリで儲けるビジネスモデルだったけど、みんな無料アプリのVRCh https://www.gizmodo.jp/2022/11/how-to-enjoy-vrchat.html

Source: Printables