Photo: ヤマダユウス型

見た目すごいよくない!?

牛丼チェーンのはしりでもある、吉野家の牛丼。実はアレ、缶詰にもなってるって知ってましたか? ブラックフライデーで何気なく吉野家を調べたら「缶飯」なるものを発見したんですよ。

吉野家 缶飯 (玄米入り) 4種6缶セット [ 牛丼160g×3缶 焼鶏丼160g×1缶 豚丼160g×1缶 焼塩さば 160g×1缶 ] 非常食/保存食/防災食/缶詰/おかず (常温OK) 吉野家オリジナルダンボール版3,888Amazonで購入する!function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

20%セールになっていたので早速購入。こういう珍しいモノは実際に食べて確かめないとね〜。にしても箱可愛いな…。

吉野家の発祥は日本橋の魚市場。魚市で働く忙しい人達向けに、サクっと食べられるスピード飯として牛めしを提供したのがはじまりでした。やがて吉野家築地店として営業をはじめ、2018年に閉店。歴史を伝えるよきパッケージですな。

中身は6個入り。そのうち3個は通常の牛丼で、残りは豚丼、焼鶏丼、焼塩さば丼。え、この缶詰の中に丼=米が入ってるってこと? まーじでー?

というわけで、おうちで実食。非常用の保存食としても運用できまして、常温で3年保存できるそう。食べ方はこのまま常温でもいいし湯煎してもOK。今回は素材の味を確かめるため常温でいってみましょう。オープン!

おおぉ、肉肉しい…! これは味濃いだろうなぁ〜。

入っているお米は玄米でした。それではいただきます。モニュ…モニュ……。

ふむ、味は濃い目で油も濃い目。おつまみってほどではないけど牛丼としては濃い目ですね。お米はちょい芯が感じられますが気になるほどではなし。お味的には星3.3ってくらいかなー。なんせ固まった油が重かったので、湯煎して食べれば星4.2くらいまでは化けるかも。やっぱり温かいご飯が最高なんだわ…。

一方で災害食としては優秀で、この缶詰1つで289kcalあります。サイズのわりに摂取できるエネルギーが大きいし、乾燥しがちな保存食において水分や油分が摂れるのも良い。備蓄バッグに何個かあるとテンション上がりそうですねー。

次は豚丼の缶飯をいただきます。牛丼よりもお肉に歯ごたえがあり、油もサラっとしていて食べやすい。209kcalと今回食べたなかでは一番低カロリーです。

お次は焼鶏丼。タレがけっこう甘めで、お肉の歯ごたえは今回食べた中で一番でした。うつわにあけてネギや卵黄乗っけて食べてぇ…。

最後は焼塩さば丼。これ、4つの味のなかで一番美味しかった! 塩味が絶妙で、玄米の水分量もちょうどよい。冷たくてもパクパク進んだので、毎朝食べるなら焼塩さば丼ですね。単純に冷たい肉と魚なら魚のほうが食べやすいってだけ?

吉野家の缶飯シリーズ。定価だとわりと良いお値段なので、気になる人はセールのうちに試してみましょ。話のネタにもなるし缶のデザインもかわいいし、なんかテンションはあがりますよ。

実は缶詰に玄米が入ってると知らず、米も準備してたという…。牛丼で米を食べる背徳的体験を味わいたい人もぜひ。

吉野家 缶飯 (玄米入り) 4種6缶セット [ 牛丼160g×3缶 焼鶏丼160g×1缶 豚丼160g×1缶 焼塩さば 160g×1缶 ] 非常食/保存食/防災食/缶詰/おかず (常温OK) 吉野家オリジナルダンボール版3,888Amazonで購入する!function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

※価格など表示内容は執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon