Image: Apple

デスクトップ派はこれで。

そう言っちゃっていい、魅力的な選択肢では? 昨晩Appleから、M2とM2 Proを搭載した新型のMac miniが発表されました。

以前はデザインもリニューアルされるのでは? みたいな噂がありましたが、これまでのモデルと見た目は据え置き。

でも、中身はM2仕様へとアップデートされています。個人的に気になる進化ポイントをチェックしていきますね!

プロセッサはM2とM2 Proから選択

Image: Apple

旧モデルのプロセッサはM1だったのに対して、新モデルではM2、もしくはM2 Proになりました。

単にCPUやGPUのコア数だけじゃなくて、搭載メモリやメモリの帯域幅などもかなり変わってくるため、総合的な処理性能に関わってくるところなので、ここは慎重に選びたいところ。

ちなみに、Appleいわく前モデル(M1)とのスペックの差としては…

前世代のM1搭載Mac miniと比較した場合のM2搭載Mac miniの性能:

・Final Cut ProでのProResトランスコードが最大2.4倍高速。

・Adobe Photoshopでのフィルタと機能のパフォーマンスが最大50パーセント高速。

・「バイオハザード ヴィレッジ」のゲームプレイが最大35パーセント高速。

と、かなりの高速化を果たしています。M2シリーズで強化されたメディアエンジンでの支援も利いているんでしょうね。M1からM2への進化だけでも、かなりの性能アップ。

これがM2 Pro版になってくると…

前世代のM1搭載Mac miniと比較した場合のM2 Pro搭載Mac miniの性能:

・Affinity Photoでのグラフィックパフォーマンスが最大2.5倍高速。

・Final Cut ProでのProResトランスコードが最大4.2倍高速。

・「バイオハザード ヴィレッジ」のゲームプレイが最大2.8倍高速。

比較するアプリやゲームの状況は揃えてよ! って思う気持ちもありますが、最新チップなだけにやはり早い。

Mac miniはファン付きで放熱もしっかりしてるし、電源駆動だし。重めの処理もタフに使えるってのもいいですねー。

ポートはThunderbolt 4。たくさん画面出力したいならM2 Proを

Image: Apple

背面のポートはEthernet、Thunderbolt 4、HDMI、USB-A×2、イヤホンジャックという構成。注意点としてThunderbolt 4はモデルによってポート数が異なり、M2モデルは2ポート、M2 Proは4ポート構成です。

出力できるディスプレイの枚数も異なります。

M2モデルは最大2台のディスプレイ出力なのに対して、M2 Pro版では最大3台のディスプレイ出力に対応(HDMI出力では1台の8Kディスプレイへの出力へも対応します)つまり、たくさん画面をつなげたいなら、M2 Proのほうが有利です。この辺の出力数・解像度の仕様は結構フクザツなのでこちらからどうぞ。

本日から予約開始、2月3日発売。価格は8万4800円から

Image: Apple

新しいMac miniは本日から予約が始まっていて、発売は2月3日。

気になる価格は、M2モデルが8万4800円から(RAM 8GB/SSD 256GB)。M2 Proモデルが18万4800円から(RAM 16GB/SSD 512GB)となっています。

狙い目はやっぱりM2のベースモデルかな。

正直Mac Studioだとクリエイター以外が使うにゃオーバースペックだし、こういうお手頃デスクトップラインが用意されているのは助かると思うの。

M2 Pro/Max発表!MacBook Pro/Mac miniに搭載 予約、始まってます。今夜発表されるかもしれないとウワサされていた新型MacBook Proですが、はい。先ほど正式発表されましたよ!詳しいスペックの話はさておき、今回Apple(アップル)が発表したM2 ProおよびM2 Maxチップは新型MacBook Proに搭載され、M2およびM2 Proチップは新型Mac miniに搭載され発売されます。見た目はそのまま、パワフルに まずは14インチの新 https://www.gizmodo.jp/2023/01/m2-pro-max-on-mac.html

Source: Apple