Image: RUTAWA JAPAN INC

こちらは「かいサポ(お買いものサポーターチーム)」が編集・執筆した記事です。

剃り残しに気づいたときに、すぐヒゲを処理したいですよね。「ShowSee F201」は、ポケットサイズのミニシェーバー。

いつでもどこでもサッと身だしなみが整えられて心強いです。

次世代シェーバーと呼ぶにふさわしその特長を、サクッと紐解いていきましょう!

サイズはミニでも髭剃りは強力

Image: RUTAWA JAPAN INC

「ShowSee F201」の重量はわずか105g。

最大直径は7.2cmしかないので、ポケットなんかに入れても負担なく持ち歩けます。パッと見でシェーバーと気づかないような近未来的デザインには愛着がわきそう。

高速なブレードの回転数(3400回/分)とのギャップがたまりません。

Image: RUTAWA JAPAN INC

Wリング式のヘッドが顎のラインに沿ってヌルっと360°可動。ヒゲのキャッチ & カットを担う2重ブレードは、最もしぶといヒゲすらも根こそぎ剃り取ってくれるはずです。

肌を感知して稼働

Image: RUTAWA JAPAN INC

ボタン操作が必要ないのがこのシェーバーのスマートなところ。毎秒120回感知するセンサーにより、肌が触れると自動でシェービングスタート。離れるとストップする体験は快適そのものです。

センシングによる自動稼働は、バッテリー消費を抑えるのにも貢献。1日1分の連続使用なら、60日間使用できるほど省エネ設計です。

1時間でフル充電できるので手軽。さらに急いでいるときは、1分充電するだけでも使えます。充電には、多くの方が持ち歩いているUSB Type-Cケーブルを使いますので、職場でサッと充電してヒゲが剃れます。

自動研磨で切れ味をキープ

Image: RUTAWA JAPAN INC

使うたびブレードを自動研磨してくれるので鋭い切れ味をキープ。バッテリー残量がわずかでも、シェービング力が落ちないのもポイントです。

防水性能はIPX7となっていて、お風呂でも使える仕様。丸洗いしてOK、かつマグネット式ヘッドを取り外して洗いやすいので、メンテナンスが簡単です。

剛毛や柔らかいヒゲなどどんなタイプにも対応できて、カミソリ負けしにくい設計は、シェーバーの概念を塗り替えるかも。これまでシェーバーが苦手だった方も、試してみる価値ありなんじゃないでしょうか。

現在machi-yaで支援受け付け中のこのミニシェーバーについて、もっとよく知りたい方は、一度以下のWebページをのぞいてみてください。

夕方ヒゲで悩まない!肌感知式なめらか剃り味の本格派ミニシェーバー 7,380 最速割、一般販売予定価格 9,980円の26%OFF machi-yaで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

>>夕方ヒゲで悩まない!肌感知式なめらか剃り味の本格派ミニシェーバー

Image: RUTAWA JAPAN INC

Source: machi-ya