中間選挙で評判だった赤い波は海岸に達成しなかった
The vaunted red wave never hit the shore in midterm elections

2022年11月9日付 ワシントン・ポスト

不発に終わった「赤い波」

2022年の選挙戦の終盤、共和党はbullish(強気)なムードに包まれていた。彼らは困難な夏を経て、中間選挙の勢いが自分たちの方向に決定的に振れたと信じていた。

2022年の中間選挙が近づくにつれ、世論調査会社や専門家は「赤い波」が共和党を上下両院の政権に押し上げるという考えにsettled on(落ち着いていった)。

しかし、選挙の夜になってからが問題だった。Vaunted(評判の)赤い波が海岸に押し寄せることはなかった。共和党がひっくり返せると思っていた議席はagonizingly(苦渋)の結果に終わり、予想に反した議席もあった。

今回の中間選挙では、共和党は下院で20議席から30議席を獲得し、容易に過半数を確保するとの予想が大勢を占めていた。

しかし、共和党は、218議席というぎりぎりの過半数を確保するために、最後の1議席までscrapping for(争っている)のが現状である。上院では民主党が過半数を維持した。

その上、中間選挙では、共和党が州レベルのポストを独占するのを長年見てきた民主党は、いくつかの州議会で共和党の支配から脱し、他の州では拒否権発動可能な多数派を作ろうとする共和党の動きを阻止し、自らに有利な方向に舵を切ったのである。

また、民主党は2つの州知事席を赤から青に転換させた。

民主党立法キャンペーン委員会のジェシカ・ポスト会長は、「共和党は、記録的な資金調達と民主党大統領の下での中間選挙の政治環境という、有利な条件がすべて揃っていたのに、have little to show for it(ほとんど成果は挙げていない)」と述べた。

民主党は「今後10年に向けて重要な地歩を固めた」と彼女は言う。

中間選挙は通常、大統領に対する意見を国民が示す機会である。

しかし、今年はその通常のルールが適用されない珍しい年だった。バイデン大統領に対する意見を言う機会でもあったが、同時にそれは共和党とアメリカそのものに対する意見を示す機会でもあった。

バイデン氏自身、その点を強調した。「この選挙は選択だ」と、10月下旬のフィラデルフィアのイベントで宣言した。「この国をどのような方向に向かわせたいか。共和党は何を支持していると思いますか?」

バイデン氏にとっては、史上最も成功した中間選挙となったが、それは彼が高い支持率を得たからではなく(実際にそうではない)、有権者のほぼ半数が、バイデン氏は彼らの選択の要因ではないと答えたからである。

彼らは極右、トランプ、選挙否定派に対抗するため、そして中絶権や銃規制を支持するため、3対2の割合で民主党を支持したのだ。

2021年1月6日、2020年の選挙結果を覆して政権を維持しようとするトランプを支援しようと暴徒が国会議事堂を襲って以来、初めての投票となった。

また、最高裁がロー対ウェイド裁判をひっくり返し、半世紀続いた中絶を受ける憲法上の権利を終わらせてから初めての選挙でもあった。

そして、「election deniers(選挙否定派)」というレッテルが全米の何百人もの候補者(その全員が共和党から出馬している)に貼られた最初の選挙戦でもあった。

共和党は、インフレや犯罪に対するprevailing(一般的な)国民感情とバイデンの低い支持率を利用しようとした。共和党の候補者たちは、生活費を下げ、犯罪に対処し、南の国境を守ることができると言ったが、政策の詳細はほとんど示さなかった。

特にロー対ウェイド裁判が覆されたことは、民主党有権者の投票率を押し上げるのに大きな役割を果たした。出口調査によると、10人に3人の有権者が中絶問題を投票の最重要事項として挙げた。これは、インフレを挙げた人の数よりわずかに少ないだけだった。

選挙日の全米の投票所でインタビューを受けた有権者は、生活費の高騰に不満を表明したが、同時に最大の恐怖は右派過激派であるとも指摘した。

たとえば、アリゾナ州のある有権者は、「どちらの大政党も嫌いだが、共和党が一番怖い」と言う。 「私は、もっと国民に寄り添い、国民のpocketbooks(懐具合)よりも、国民にとって何が正しいかを考えてくれる人を探している 」という。

共和党は「本当に文化戦争に傾き、有権者はそれに疲れている」とミシガン州上院議員マロリー・マクモロー氏(民主党)は述べた。

「トランプ離れ」が民主党を救う

トランプ前大統領の役割もあった。米国は依然として深く分断された国だが、かなりの多数(全米出口調査では58%)がトランプ氏を嫌っている。この多数派が民主党を次々と敗北から救った。

2020年の敗北後、トランプ氏は、自分がまだ主導権を握っていることを強調するために、共和党の予備選挙に力を注ぎ、throwing his weight around(威張り散らす)ようになった。その結果、いくつかの問題のある候補者を予備選で当選させることになった。

トランプ氏がいなければおそらく接戦の予備選に勝てなかっただろうペンシルベニア州の上院議員候補者メフメト・オズ氏の敗北は、最大の痛手だ。

ジョージア州のハーシェル・ウォーカー氏は単に良い候補者ではなかったが、トランプは彼を指名候補へのput him on a glide path to(滑走路に乗せた)。アリゾナ州のブレイク・マスターズも、有権者が投票に消極的な人物だった。

いずれの場合も、共和党がもっと優れた、あるいは一般的な候補者を立てていれば、もっと良い結果が得られたことは明らかだ。トランプ氏のため、共和党が獲得するはずだった上院の過半数を確保できなかったように見える。

また、トランプ氏を支持する候補者は、下院のいくつかの重要なtoss-up races(五分五分の見込みのレース)で敗北に向かっていた。ワシントン・ポストの分析によると、次のようになる。

「114の選挙区で、トランプ氏の支持を受けた候補者は基準値をなんと5ポイントも下回り、トランプ氏の支持を受けなかった共和党員は基準値を2.2ポイントも上回り、7ポイント以上の驚くべき差が出た」

トランプ氏が早々と2期目の当選を宣言し、選挙違反が蔓延していると偽ってから2年、2022年の選挙とその直後は比較的平穏だったことが印象的だった。

2020年のトランプ氏の敗北に繰り返し疑問を呈し、あるいは異議を唱えていた著名な選挙否定論者の何人かは、すべての票が集計されるまで我慢するよう支持者に促した。結果が確定する前からconceded defeat(敗北を認めた)者もいた。

ワシントン・ポストのコラムニスト、ジェニファー・ルービン氏は、中間選挙は本当にひどい結果になっていたかもしれないと指摘する。右翼団体が投票所で有権者への脅迫や暴力などのantics(悪ふざけ)をするのではないかと、深刻な懸念があった。

しかし、いずれもcame to fruition(実現)しなかった。「民主主義に対する脅威は残っているが、2022年は民主主義の価値と重要な制度の浸食に歯止めがかかったと見ることができるかもしれない」と彼女は述べた。

ルービン氏は、massive(大規模)な有権者が期日前投票という新しい選挙ルールへの適応を示したこと、若い有権者を含む高い投票率、女性の身体に対する自治を求める運動が活性化したことなど、いくつかの希望的な兆候を指摘した。

Mankato Free Press紙は、いくつかの国の世論調査が赤い波について間違っており、実際にはほとんど「青い波」に終わったと指摘している。

世論調査は、political junkies(政治マニア)には便利で面白いかもしれないが、争点に基づいて候補者を決めようとする有権者には役に立たないことが増えているようだ、と彼らは見ている。「有権者は世論調査よりも争点を勉強した方がいいし、メディアも刻々と変わる競馬の報道ではなく、争点重視の価値ある報道をした方がいい。」とアドバイスする。いいアドバイスのような気がする。アメリカのマスコミが世論調査への中毒をなかなか脱出できないのは心配だが。

参照した記事一覧

1トランプによる共和党の下院の夢への妨害工作を数値化できるようになった
We can now quantify Trump’s sabotage of the GOP’s House dreams
2022年11月15日付 ワシントン・ポスト

2選挙:世論調査は再び間違っていた
ELECTION: The polls were wrong again
2022月11月13日付 Mankato Free Press

3民主主義の未来を楽観視する7つの理由
7 reasons to be optimistic about the future of democracy
2022年11月13日付 ワシントン・ポスト

4民主党が州議会を逆転、過去の共和党の躍進を覆す
Democrats surged to flip state legislatures, defying past GOP gains
2022年11月12日付 ワシントン・ポスト

5トランプ氏の2020年敗北に異論を唱えた選挙否定派の主要人物たちが敗北を認めるKey election deniers concede defeat after disputing Trump’s 2020 loss
2022年11月9日付 ワシントン・ポスト

6中間選挙で評判だった赤い波は海岸に達成しなかった
The vaunted red wave never hit the shore in midterm elections
2022年11月9日付 ワシントン・ポスト

72022年の選挙から得た6つのポイント
6 takeaways from the 2022 election
2022年11月9日付 ワシントン・ポスト

8GOPは怒りとトランプを提供した。国はノーと答えた
The GOP offered rage and Trump. The country said no.
2022年11月9日付 ワシントン・ポスト