3月4日放送の「渡部の歩き方〜グルメ王の休日〜」(日本テレビ系、午後13時30分〜)では、グルメ通として知られるアンジャッシュの渡部建さんが全国の名店を紹介、「友栄」(神奈川県小田原市)を訪れた。

同店はうなぎ料理の専門店。渡部建さんいわく「向こうがびっくりするくらいの頻度で来る」というほどお気に入りの一店だという。
和室にあがった渡部建さんの元に最初へ届けられたのは「うなぎの肝」。小さな器の上に、タレを絡めた肝と卵黄が乗っている。店主いわく、タレはうなぎに使われているものとはまた違い、肝に合わせて作られてるという。
肝に卵を絡めていざ口にいれた渡部建さんは「んんん! こんな食感が良い元気な肝ないよ! それにこの、甘辛のタレに卵黄…これもう、最高」とコメントした。

つづいて運ばれてきたのは「上うな重」(4800円/税抜き)。赤いお重の蓋をあげると中にはみっちりとうなぎの身が詰まっている。「うわあ、もりもりだよ。これスゴイ」とそのボリュームに感嘆の声。
いざうなぎの身を口にいれるや表情を一変させた渡部建さん、「んん! うん! いやぁ!」と言葉にならない感動の声をあげ、ものの数秒で「…もう無くなる」と驚きの表情。「溶けて逃げていくよ。どう焼いたのっていうくらい。口どけがいいの更に上だね。口逃げ!」と絶妙なやわらかさを表現し「めっちゃくちゃうまい! めちゃくちゃうまい! このやわらかさ伝えたいなぁ…」と絶賛した。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。