6月19日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分〜)では、インパクトのある個性的な鉄板焼きグルメを特集したコーナーで、高橋若葉さんが「sapling IRONPLATE CAFE(サップリング アイロンプレート カフェ)」(東京都渋谷区)を訪れた。

地下鉄半蔵門線「渋谷駅」から徒歩5分の場所にある同店は、2017年3月にオープンした、モダンでオシャレな雰囲気のお店だ。店内に入り、まず目にとまるのが、清潔感あふれるカウンター越しにある大きな鉄板だ。その鉄板で作る同店の看板メニューは、「フレンチステーキバーガー プレーン」(1380円/税込)。ビーフステーキをほんのり甘いフレンチトーストではさんである。

こだわりは自家製のフレンチトースト。メープルシロップが入った卵液にサッとパンをくぐらせ、鉄板で焼く。焼き方のコツは、中にしっとり感が残るよう、パンの両面に焼き目が付く程度に焼くことだそうだ。同店の総料理長は、「本当にお肉との相性を一番に考えたパン」だと言う。お肉は、オーストラリア産のキメの細かいリブロースを使用し、味付けはシンプルに塩とこしょうのみ。それを食べやすいように2枚にカットし、野菜や目玉焼きをはさんで完成だ。

専用の袋に包まれた「フレンチステーキバーガー プレーン」を食べた高橋若葉さんは、「ほんのり甘いフレンチトーストと、肉汁が口の中にいっぱいに広がります。フレンチトーストのモチモチ食感とステーキがとてもよく合います!」とコメントした。

同店では他にも、「フレンチカスタードバーガー ブルーベリー」(850円/税込)や「フレンチ抹茶バーガー イチゴ」(850円/税込)など、フレンチトーストを使った見た目もオシャレなスイーツメニューもある。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。