6月19日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分〜)では、インパクトのある個性的な鉄板焼きグルメを特集したコーナーで、「トーストサンドイッチバンブー」(東京都港区)を紹介した。

同店は2017年4月20日、表参道にオープンしたサンドイッチ専門店。地下鉄千代田線「表参道駅」A3出口から徒歩1分の場所にある。

サンドイッチは鉄板で焼いた食パンを使用している。同店では、鉄板の上に溶かしたバターと企業秘密の調味料を加えて食パンを焼くことでサクサク食感のトーストに仕上げるのがこだわりだ。サンドイッチの具材は玉子焼きやレタス、ニンジン、キャベツ、ピクルスなどの彩りの良い野菜を全8種類使用する。メインの具材を載せ、甘辛い照焼ソースをかける。そして、鉄板で焼いて、こんがりしたトーストではさめば、カラフルな断面のサンドイッチが完成だ。メインの具材は、ツナマヨやチキン、ポークと3種類から選べる。

同店では他にも変わったメニューが楽しめる。揚げたカニを丸ごとはさんだ、インパクトのある一品、「ソフトシェルクラブ」(1480円/税込)だ。使用するのはソフトシェルクラブと呼ばれる甲羅や足ごと食べられる柔らかいカニ。衣は粉チーズを加えてあり風味豊かになっている。カニがパリパリになるまで火を通したら、上からタルタルソースをかけ、サクサクのトーストではさんで完成だ。ソースはタルタルソース、スイートチリマヨ、そしてパクチーソースの3種類から選べるそうだ。

このメニューを豪快にガブリと頬張っていたお客さんは「どんどん食べられちゃう。タルタルソースとよく合っておいしいです」とコメントしていた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。