7月15日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分〜)では、小田原の幻の青うなぎを求め路線バスで旅する中で、「友栄」(神奈川県小田原市)が紹介された。

同店は、青うなぎを使用した料理が味わえるうなぎ料理の専門店。訪れた4人の前に「青うなぎ・割きたてのきも(たれ)」(800円)と「青うなぎ・割きたてのきも(わさび)」(800円)が運ばれてくると「うわ〜綺麗だね」「でかっ!」「こんな大きいんですか、きも」と驚きの声を上げた。篠原ともえさんがうなぎのきもをわさび醤油につけて一口頂くと「すごい新鮮で・・・うわ、美味しい!クセがなくてまろやかで…こんなの初めて!」とコメント。トシさんが頂くと「すごい濃厚!このキモが、こんなの初めてだ。全然臭み全く無いぞこれ、すげえ青うなぎ!」と絶賛していた。温水洋一さんがたれがついたうなぎのきもを頂くと「臭くはない、でも風味が苦味がやっぱりすごい。タレはやっぱりいいですね」とコメントした。

「しら焼御膳」(5000円)は、うなぎの白焼きをわさび醤油で頂く一品。他にも、山椒と白みそを合わせたものや柚子胡椒などで味わうこともできる。温水さんがわさび醤油につけて頂くと「やわらか!もう骨が骨と感じない」と笑顔でコメント。タカさんが頂くと「うわ〜めっちゃフワフワ!美味しい〜!全然違う!」と絶賛していた。

「上うな重」(4800円)はふっくらとした大きなうなぎの蒲焼がお重に入った一品。トシさんが一口頂くと「うわ、全然違う柔らかさが…全然違う!」とコメント。篠原さんも一口頂くと「うわもうジュワ〜って遠くへ行った!え〜!何?」と驚きの声を上げ、温水さんも「俺食べた?柔らかい」とコメント。タカさんも「まじやばいですね!」と絶賛していた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。