7月16日放送の「モヤモヤさまぁ〜ず2」(テレビ東京系、午後18時30分〜)では、東京墨田区の中でも昔ながらのスタンスを貫き通している「ザ・下町」曳舟周辺をぶらぶら散策する中で、「美舟音」(東京都墨田区)が紹介された。

看板に書かれた「いかだ流しそば」という一文に目を惹かれた一行が入店したのは、カウンターの奥に川の流れる風流な蕎麦店。しかもこの川、ただ漫然と流れているわけではない。この川の上を、注文した料理がいかだに乗って流れてくるというのだ。

席についた三村マサカズさん、大竹一樹さん、福田典子さんの3人はそれぞれ「ざるそば」(800円)を注文。しばらく待つと、いかだに乗ってメニューが到着。流れるいかだを見て三村マサカズさんが思わず「かわいい!」と一声。
届いた蕎麦をすすりこむと、三村マサカズさんが「うまい!」と、大竹一樹さんも「いいね!」とコメント。3人はカラのいかだに「うまい!」と感想を書いたメモを乗せて厨房に送るなど茶目っ気を見せつつ、風雅に蕎麦を楽しんだ。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。