7月17日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時30分〜)では、台東区・谷中で、今と昔を巡る散歩をした中で、「ショコラティエ・イナムラショウゾウ」(東京都台東区)が紹介された。同店は京成本線日暮里駅から徒歩3分ほどにある、ガラス張りの建物が目を引くチョコレート専門店だ。

オーナーが谷中の街をイメージして考案したというボンボンショコラ「谷中」(300円)は、谷中にある段々坂をモチーフにした形に、夕日に見たてた金箔をあしらったモダンな1品。一口でいただいた渡辺徹さんは「とてもやさしい」とコメント。ショウガの絞り汁の上澄みだけを使用し、「チョコとショウガっていうのが全然想像がつきませんでしたけど、美味しいですね!」「これいいな、路地を散策したりお墓参りの後に、ここでちょっと一服っていう感じですね。ちょっと歩き疲れたら甘い物。しかも高級ないい味を味わえると。こりゃなかなかいい店を見つけましたね」と、その味と技に感嘆していた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。