7月17日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後16時20分〜)では、リノベーションで大変身を遂げたおもしろ繁盛店を特集した中で、「分福」(東京都港区)が紹介された。

JR田町駅の西口から3分ほど歩いたところにある同店は、銭湯をリノベーションした居酒屋で湯船が飲食スペースになっていたり、お刺身は皿ではなく風呂桶に盛りつけられるなど、銭湯の名残がある店内でカツオの出汁が香る「だし巻き玉子」(734円/税込み)や、季節の野菜を使った「お野菜の天ぷら」(950円/税込み)といった和食中心の料理が楽しめる。

お店の名物料理として内容が日によって異なる「お造りの5種桶盛り」(2116円/税込み)を紹介。今回はマダイ、カンパチ、ヒラメ、マグロ、ボタンエビの刺身が風呂桶に盛りつけられており、まずはマダイをいただいたリポーターのやない由紀さんは「舌にのせた瞬間に新鮮なのが伝わります。脂のうま味ですね。上品でじわじわっと甘味が広がっていく。」とコメントし、続けてマグロを食すると「この舌触りが最高ですね。かむとマグロのうま味が広がって、この鼻から抜ける香りもまたいいですね。」と絶賛。
次に紹介された名物料理はイトヨリダイやアオハタなど好みの朝どれの鮮魚を選び、塩焼きか煮付けで楽しめるメニューだ。やない由紀さんはオススメのアオハタを煮付けにしてもらい、テーブルに運ばれてきた「物見せ一本魚・アオハタ」(2138円/税込み)は、素材の味を楽しんでもらうために薄口であっさりと仕上げた一品だ。アオハタの煮付けを実食したやない由紀さんは「ふわふわっ。魚自体のうま味が濃い。」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。