7月26日放送の「ビビット」(TBS系、午前08時00分〜)では、皇族の方がイギリスに留学されるという話題の中でイギリスの伝統料理が食べられるお店として「キャプテンクック」(東京都港区)が紹介された。同店は地下鉄日比谷線広尾駅から徒歩4分ほどにある、欧風料理をメインに扱う一軒家のレストランだ。

「ローストビーフ・ヨークシャープディング添え」(1850円)は、綺麗な断面が見えるように盛り付けられたローストビーフと、食べやすい大きさにカットされた様々なグリル野菜、シュークリームの皮のようなふわふわ、もちもちの食感のヨークシャープディングが載ったボリューム感のある1皿。ヨークシャープディングはイギリスでは肉料理に必ず添えられているそうで、家庭でも食べられているという伝統料理なんだとか。肉汁たっぷりのソースをかけて頂くのがポピュラーな食べ方だそう。肉とヨークシャープディングを一緒に頂いたリポーターは、「パイがふわふわで、しかも牛肉とすごい合いますね!」とコメントをしていた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。