8月4日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系、午前09時50分〜)では、練馬区・中村橋〜富士見台駅周辺を散策した中で、「どんぐりの木」(東京都練馬区)が紹介された。

西武池袋線中村橋駅から徒歩1分、「ベジ生クリーム〜野菜の重ね煮入り〜」の同店看板に惹かれた男性アイドル。「これはスイーツなの?」と興味津々だ。食材にこだわった洋菓子店である同店で味わえるのは野菜を使ったスイーツ。
重ね煮とは野菜を重ねて蒸し煮する調理法で、日本に昔から伝わる驚くほど甘く美味しくなる方法なのだとか。使用するのは、ゴボウ・ニンジン・サトイモ・ショウガ・シナモン・ココア・黒豆・エリンギ・シイタケ・マイタケの10種類。きのこ類や葉物を下に敷き、根菜を上に重ねる事で、野菜の上に向かおうとする力と下に下がろうとする力が作用して、本来の甘味と旨味を最大限に引き出す。「奇跡のおやさいロールケーキ」(600円)、「奇跡のショコラクラシック」(480円)、「奇跡のプリン」(500円)などは砂糖の代わりに野菜の重ね煮を利用した洋菓子だ。
特に人気なのが「奇跡のおやさいシュークリーム」(700円)で、甘味を抑えたカスタードに重ね煮の生クリームを載せた一品。
「奇跡のおやさいシュークリーム」を一口食べた男性アイドルは、「ああ……、優しいですね、これ。後味がさっぱりしてる。甘さもあるけど体にも優しいですよね。ゴボウも入ってるんですよね?」とコメント。男性アイドルは「エリンギってそんな(甘さ)あった?」とその味になお、野菜の不思議を感じたようだった。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。