ユヴェントスに所属するイタリア代表のGKジャンルイジ・ブッフォンはセリエA開幕に向けてライバルチームを警戒している。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が31日、伝えている。

イタリア王者ユヴェントスは30日、アメリカで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でローマと対戦した。29分、FWマリオ・マンジュキッチのゴールでユヴェントスが先制したものの、74分にFWエディン・ジェコのゴールでローマに追いつかれた。PK戦の末に勝利を手にしたものの、ローマには苦しめられ、ブッフォンはセリエAの開幕へ向けて警戒を高めた。

「来シーズンはもっと厳しくなるだろう。ローマ、ミラン、ナポリ、インテルなど多くのクラブが補強を行った。それでもチームとしてユーヴェの力には自信を持っている。これまでの勝利がユーヴェの力を証明しているし、さらに成長できるとも考えている」

ライバルのミランは近年、長らく低迷が続いていたが今夏、元ユヴェントスのDFレオナルド・ボヌッチやポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドの後継者とされる21歳のFWアンドレ・シウバら10選手以上の補強を行った。インテルもまた昨シーズン、チャンピオンズリーグおよびヨーロッパリーグ出場権を逃しているが、スロバキア代表の将来を担う22歳のセンターバック、DFミラン・シュクリニアルらを獲得するなど、競争力が増している。それでも王者ユヴェントスの守護神ブッフォンは7年連続優勝の達成へ向けて士気を高めている。