ドイツ移籍情報サイト『transfermarkt.de』は10日、ブンデスリーガ1部の選手たちの最新の市場価値データを発表。同リーグのクラブに所属する日本人選手にも変動があった。

『transfermarkt.de』は定期的にパフォーマンスや将来性、市場効果、過去に支払われた移籍金、ユーザーの意見などに基づいて、さらにコロナ禍の市場への影響も考慮しながら各国でプレーする選手たちの市場価値を評価。今回の更新の対象となったのはブンデスリーガ1部クラブに所属する478名。ランキング上位では、ボルシア・ドルトムントFWアーリング・ハーランドが1億1000万ユーロ(約139億7000万円)と評価されたため、前回から変動なしの同僚FWジェイドン・サンチョ(1億ユーロ、約127億円)を上回り、単独トップに躍り出ている。

また、トップ10は7位タイのRBライプツィヒDFダヨ・ウパメカノを除けば3位ヨシュア・キミッヒ(500万ユーロ増の9000万ユーロ、約114億3000万円)や4位アルフォンソ・デイヴィス(500万ユーロ減の7500万ユーロ、約95億円3000万円)らとバイエルン・ミュンヘンのメンバーたちが占めることに。市場価値が最も高騰したのはレヴァークーゼンの17歳MFフロリアン・ヴィエルツ(2100万ユーロ増の4500万ユーロ、約57億2000万円)となった。

今冬のマーケットで奥川雅也がレッドブル・ザルツブルクからアルミニア・ビーレフェルトにレンタルで加わったため、現在日本人選手7名がブンデスリーガ・クラブに在籍。その中で、市場価値が上がったのはシュトゥットガルトMF遠藤航(200万ユーロ増の800万ユーロ、約10億2000万円)、昨夏PSVからのレンタルでビーレフェルト入りしたMF堂安律(70万ユーロ増の700万ユーロ、約8億9000万円)のみとなっている。

フランクフルトの鎌田大地(1600万ユーロ、約20億3000万円)や長谷部誠(80万ユーロ、約1億円)、昨夏に横浜F・マリノスから期限付きでウニオン・ベルリンに移籍した遠藤渓太(130万ユーロ、約1億7000万円)はそれぞれ市場価値が変わらず。最近ブレーメンで復調の兆しを見せる大迫勇也だが、300万ユーロから150万ユーロ(約1億9000万円)と半減。奥川は昨年12月のオーストリア・ブンデスリーガの更新時の評価(50万ユーロ減の350万ユーロ、約4億4000万円)のままだった。

なお、『transfermarkt.de』が現時点掲載している日本人選手の市場価値ランキングのトップ10は次のとおり。

1位 久保建英(ヘタフェ、2000万ユーロ、約25億4000万円)
2位 冨安健洋(ボローニャ、1800万ユーロ、約22億9000万円)
3位 鎌田大地(フランクフルト、1600万ユーロ、約20億3000万円)
4位 南野拓実(サウサンプトン、1000万ユーロ、約12億7000万円)
5位 遠藤航(シュトゥットガルト、800万ユーロ、約10億2000万円)
6位 堂安律(アルミニア・ビーレフェルト、700万ユーロ、約8億9000万円)
6位 中島翔哉(アル・アイン、700万ユーロ、約8億9000万円)
8位 伊東純也(ヘンク、650万ユーロ、約8億3000万円)
9位 酒井宏樹(マルセイユ、550万ユーロ、約7億円)
10位 吉田麻也(サンプドリア、380万ユーロ、約4億8000万円)