レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、今シーズン最初のタイトル獲得に満足感を示した。イタリア『メディアセット・プレミアム』が報じた。

マドリーは7日、UEFAスーパーカップで昨シーズンのヨーロッパリーグ王者であるマンチェスター・ユナイテッドと激突。マケドニアで行われた試合はマドリーが2−1で勝利し、今季最初のタイトルを手にしている。ジダン監督は試合後「満足している」と話してこのように続けた。

「この種のゲームにはすべて勝ちたいと思っているし、重要だ。素晴らしいプレーができた。終了間際は少し苦しんだが、我々の性質を発揮することができたと思う。彼らはロングボールを使ってきたが、うまく対応できた」

続けて、「今はとても幸せだ。でも日曜日の別の重要な試合についてまた集中しないとね」と、バルセロナとのスーペルコパ一戦目に向けて切り替えを促している。