レアル・マドリーは今夏FWボルハ・マジョラルをリーガエスパニョーラ1部のクラブにレンタルする意向のようだ。

マジョラルは現時点、マドリーでFWカリム・ベンゼマ、FWアルバロ・モラタに次ぐ3番手のCFだ。昨季この役割を担ったFWマリアーノ・ディアスはほとんど出番を得られないままリヨンへの移籍を決断。そういった背景もあり、マドリーは今夏マジョラルをレンタル放出することを検討している。

昨季ヴォルフスブルクに1年レンタルで加入したマジョラルだが、公式戦19試合出場と望んだような出場機会を確保できなかった。再び20歳FWの1年間レンタルを画策しているマドリーは、マジョラルにより経験を積ませられるクラブを探している。

そこで移籍先として浮上しているのがアラベスとレガネスだ。1部昇格2年目を迎える2チームは戦力補強を必須としており、マジョラルが移籍すれば選手の求める出場機会増加が叶えられるとみられている。