リヴァプールのMFジョーダン・ヘンダーソンの負傷離脱についてユルゲン・クロップ監督が言及している。

リヴァプールは20日、プレミアリーグ第25節でエヴァートンと対戦。0-2と敗れ、リーグ戦4連敗を喫している。さらに、前半30分にはヘンダーソンが負傷で交代を余儀なくされた。

クロップ監督は試合後、『スカイスポーツ』でヘンダーソンについて「良さそうではない。そけい部、内転筋、その他の部分は明日わかるだろう。メディカルチームの誰もが肯定的な意見は持っていなかった」と長期離脱になる可能性を示唆している。

今季はケガ人続出に悩まされいるリヴァプール。ジョー・ゴメス、ヴィルヒル・ファン・ダイク、ジョエル・マティプ、ディオゴ・ジョタ、ファビーニョ、ジェームズ・ミルナーといった面々がエヴァートン戦を欠場していた。ヘンダーソンも離脱となれば、チームの台所事情はより厳しいものになるだろう。