セリエA第15節が11月30日、各地で行われた。

前節ユヴェントスを下したアタランタはヴェネツィアを粉砕。好調のマリオ・パシャリッチがハットトリックを挙げる活躍を見せつけ、4-0と快勝している。リーグ戦4連勝となった。

今季は中位に甘んじるユヴェントスは最下位サレルニターナと対戦。パウロ・ディバラ、フェデリコ・ベルナルデスキ、デヤン・クルゼフスキらが先発した。21分にディバラがクルゼフスキとのワンツーから強烈なミドルシュートを突き刺し、先制点をもたらす。58分にはサレルニターナが決定機を得るが、フェデリコ・ボナッツォーリの左足のシュートは右ポストに嫌われた。

すると70分に途中出場のアルバロ・モラタが左サイドからのクロスを巧みに合わせ、ユーヴェが追加点を獲得する。終了間際にはディバラがPKを失敗したものの、ユヴェントスが2-0と公式戦3試合ぶりの白星を手にした。

なお、前節途中出場したサンプドリアの吉田麻也はベンチスタートに。チームはフィオレンティーナに1-3と敗れている。