ニース指揮官パトリック・ヴィエラが、2018-19シーズンの前半戦に指導した教え子マリオ・バロテッリのエピソードを明かした。

ヴィエラ監督はイギリスメディア『デイリー・メール』のインタビューを通して「バロテッリは集団の中でプレーするスポーツに向いていない」と語っている。

「マリオは独特の価値観、考え方を持っていて、集団の中でプレーするのは難しかった。指導していて私も頭を抱えたよ」

「チームに浸透させたかった哲学があったし、組織としての約束事も選手たちには共有させたかった。それは監督として当然の仕事だったんだけど、その中でマリオだけはまともに向き合おうとしなかった。一緒に仕事をすることが困難だったんだ」

2019年1月、バロテッリはニースを去り、同リーグのマルセイユに新天地を求めた。ヴィエラはその時のことを「これ以上チームにいても同じ方向性へ向かうことが難しいし、異なる道を選んだほうがいいと思ったんだ。だから私はマリオの移籍を容認したのさ」と振り返っている。

ヴィエラは現役時代、インテルで若手時代のバロテッリと同僚に。後に移籍したマンチェスター・シティでも同じユニフォームでプレーするなど旧知の仲ではあった。だが、指導者に転身したヴィエラにとっては、バロテッリとの師弟関係構築が困難を極めたことで、それが苦い思い出となっている模様。

2018年夏、オフ明けでニースに合流したバロテッリはその際、ベスト体重から12キロ超過、100キロ超えのウェイトでシーズンインしたと報じられたことでも話題となった。この直後、指揮官ヴィエラはメディアの前で「マリオは戦えるような準備がまったく整っていない」と不満を示していた。

現在はセリエAのブレシアでプレーするバロテッリ。これまでピッチ内外で問題行動を起こすことから“悪童”の一面が強調されてきたが、その奔放ぶりは元同僚&恩師ヴィエラが見放すほどのものだったようだ。