バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触するとネイマール獲得を狙うクラブに警告している。

パリ・サンジェルマンが史上最高額でネイマール獲得に動いていると先日から報じられている。バルセロナはブラジル代表FWの違約金を2億2200万ユーロ(約285億円)に設定しているが、パリ・サンジェルマンはこれに見合うだけの移籍金を準備。一方のネイマール自身も、今夏の移籍を検討しているとされている。

しかしバルトメウ会長は、『AP通信』に対して「彼は市場に出回っていない。我々は彼と4年契約を結んでいる。彼はチームの一員であり、(リオネル・メッシ、ルイス・スアレスとともに)トリデンテの一員だ」とネイマールの重要性を説いている。

続けて「ファイナンシャル・フェアプレーを守るつもりがなければ、不可能ではない。しかし順守したければ、この条項を満たすだけのオファーを出すことは不可能だ」と警告した。

バルトメウ会長同様に、ジョルディ・メストレ副会長もクラブと2021年までの新契約に合意したネイマールは「200%残留する」と明言している。