ダビド・アラバの今後の進路について、様々な憶測が浮上している。

今季限りでバイエルンとの契約が切れるオーストリア代表DFダビド・アラバは、スペイン『MARCA』によると「来季から4年契約でレアル・マドリー行き合意に至っており、あとは正式発表を待つのみ」とのこと。

だがドイツ『Sky』はこのうわさを完全に否定。同メディアで解説を務める識者、トーベン・ホフマン氏は「これはまだエア移籍。レアル・マドリー行きはまだ決まっていないし、メディカルチェックにも至っていない」との見解を示した。

「レアル・マドリーは年間1200万ユーロ〜1300万ユーロ(約14億4000万円〜15億6000万円)のサラリーを用意して合意を取り付けたとあったが、まだまだ議論の余地がある」

「アラバの代理人であるピニ・ザハヴィ氏はバルセロナの新会長選挙を待ち望んでいる。もしジョアン・ラポルタ氏が勝利して会長職に復帰した場合、アラバ陣営はラポルタ氏との話し合いを始めるつもりだろう。すなわち、最後の結論を出すのは4月〜5月になるはずだ」

現行の契約では20−21シーズン限りで満了となるため、今夏のフリー移籍が可能となるアラバ。移籍交渉についても今年の1月1日よりオープンとなった。もちろんレアル・マドリー行きは有力候補の一つだが、他の道を選ぶ可能性はまだまだ十分にあるようだ。